外国政府の薬価設定はイノベーションを阻害:PhRMA主張

公開日時 2017/06/21 03:50
  • Twitter
  • 印刷
PhRMA(米国研究製薬工業協会)は6月6日、外国政府のなかには、医療費抑制のために、画期的医薬品の価格を患者、ヘルスケアシステムおよび経済全体に提供する価値以下に設定する国があるが、そのような近視眼的方法では害あって益なしと指摘する見解を発表した。PhRMAのKevinHaninger副理事長(国際アドボカシー担当)がまとめた。同見解によると、政府による医薬品価格設定は様々な形態をとっているものの、すべてが、イノベーションの歩みを止め、世界中で患者への質の高いヘルスケアへのアクセスを阻害するという同じ結果を生むと批判している。先進国における主な価格設定は以下の5つに分類されるが、これらはその国には利点をもたらすが、米国のバイオ医薬品企業と世界中の患者には不利益をもたらすとしている。5分類さ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、ベーシック会員の方およびプレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/