JGA 16年度GE数量シェアは65.5% 前年度より6.0ポイント増

公開日時 2017/06/30 03:50
  • Twitter
  • 印刷

 日本ジェネリック製薬協会(JGA)は6月29日、2016年度(2016年4月~17年3月)の後発医薬品(GE)の数量シェアが60%を突破し65.5%だったと発表した。前年度より6.0ポイント増となった。JGA理事・幹事会社のデータとIMSデータに基づく速報値。

四半期ごとのシェア推移は、16年度第1四半期(16年4~6月)が63.7%、第2四半期(7~9月)が65.1%、第3四半期(10~12月)が66.4%、第4四半期が67.1%と、一貫して60%を上回って推移した。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/