15年度国民医療費は42兆円 3.8%増と高い伸び 新規C型肝炎薬の使用急増が一因

公開日時 2017/09/14 03:50
  • Twitter
  • 印刷

厚労省が9月13日に発表した2015年度国民医療費は42兆3644億円で、前年度より3.8%増と高い伸びを示した。この年には新規C型肝炎治療薬ソバルディ、ハーボニーが発売されており、同省は主にそれら高額薬剤の使用急増が医療費増加の一因とみている。

国民医療費は9年連続で過去最高を更新した。その中で近年は伸びが緩やかになる傾向がみられていた。診療報酬改定の狭間の年でも3%台から2%台になり、平均在院日数の短縮化、長期投与の影響があるのではないかとされている。最後に3%を上回ったのは11年度の3.1%で、それを15年度は0.7ポイント上回った。

15年度が高い伸びとなった要因について同省政策統括官付参事官付保健統計室によると、一つは高齢化の進展。後期高齢者医療給付分は前年度より6355億円増、率にして4.7%増の14兆0 255億円と14兆円台となった。加えて医療技術の高度化で、15年度は新規のC型肝炎治療薬ソバルディ、ハーボニーが発売されており、主にそれら薬剤の使用急増も一因。薬局調剤医療費は、11年度以降は伸び率が8%に届いていなかったが、15年度は9.6%増、前年度より6985億円も増えており、同医療費の約7割を占める薬剤料が押し上げた格好だ。

傷病別に費やされた医療費を見ると、最も多いのが医科診療医療費の2割を占める「循環器系の疾患」が5兆9818億円(1.6%増)と最も多く、次いで「新生物」の4兆1257億円(4.1%増)、「筋骨格系及び結合組織の疾患」の2兆3261億円(1.8%増)、「呼吸器系の疾患」2兆2230億円(2.1%増)、「損傷,中毒及びその他の外因の影響」2兆2212億円(2.5%増)と続く。年齢層別では、65歳未満は「新生物」が1兆5212億円(1.5%増)と最も多く、65歳以上では「循環器系の疾患」が4兆6869億円(2.3%増)と最も多い。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

9月号特集
(Promotion)

2017年度下期新薬展望

注目のファーストインクラス薬が多数

 

 

9/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/