GSK 全身性エリテマトーデスの新規治療薬ベンリスタを発売 

公開日時 2017/12/14 03:50
  • Twitter
  • 印刷

グラクソ・スミスクライン(GSK)は12月13日、全身性エリテマトーデス治療薬ベンリスタ(一般名:ベリムマブ(遺伝子組換え)を発売したと発表した。既存治療で効果不十分な場合に用いる薬剤で、ステロイドなど標準療法との併用投与が想定される。全身性エリテマトーデス(SLE)を適応とする抗体医薬は国内で初めて。

同剤は、SLE患者に過剰発現し、疾患の活動に重要な役割を果たしているとみられる可溶性Bリンパ球刺激因子(BLyS)を標的とし、その生物活性を阻害することにより症状を抑える。点滴静注製剤と皮下注製剤の 2種類がある。

薬価は以下のとおり。

点滴静注用120mg1瓶 1万5404円
点滴静注用400mg1瓶 5万245円
皮下注200mgオートインジェクター1キット 2万4547円
皮下注200mgシリンジ1筒 2万4540円

SLEは慢性の自己免疫疾患で指定難病。関節の痛みと腫脹、極度の疲労、原因不明の発熱、皮
膚発疹、臓器障害など、さまざまな症状を伴う。SLEはエリテマトーデスでは最も一般的にみられる型であり、国内推定患者数は6万人以上。
 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

7月号特集
(Promotion)

国内市場変貌 迫られる生産性改革

製薬ビジネスモデル転換の時

 

 

7/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/