ファイザーと武田 関節リウマチ薬ゼルヤンツのコ・プロ終了へ 18年4月からファイザー単独販売

公開日時 2017/12/20 03:51
  • Twitter
  • 印刷

ファイザーと武田薬品は12月18日、経口関節リウマチ治療薬ゼルヤンツ錠(一般名:トファシチニブクエン酸)のコ・プロモーション契約を2018年3月末で終了することになったと発表した。販売移管も行い、武田薬品による仕入販売も終了し、18年4月からはファイザーが単独で販売する。

コ・プロの終了、販売移管の理由について両社とも、契約当時と事業環境が変化し、双方の戦略も変化してきたことを挙げ、両社で協議した結果とだけしか説明していない。今回の件に関する経済条件も開示していない。関節リウマチ治療剤エンブレルについては今後もコ・プロを行い、武田薬品による仕入販売が継続される。

ゼルヤンツはファイザーが製造販売承認を取得し、13年7月に国内で発売。両社でコ・プロし、武田が販売を担ってきた。売上高は非開示。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

7月号特集
(Promotion)

国内市場変貌 迫られる生産性改革

製薬ビジネスモデル転換の時

 

 

7/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/