直近1年間の後発品比率は66%

公開日時 2017/12/29 00:00
  • Twitter
  • 印刷
診療科別トップは一般内科の68%皮膚科は50%に届かず国は、2020年9月までに後発品の使用割合を80%とし、できる限りの前倒しの達成に向け、より一層の使用促進策を検討するとしている。右肩上がりに急速に普及している後発品だが、疾患によって普及率にバラツキがあることも指摘されている。そこで今回は、後発品の処方数の多い5診療科にフォーカスし、後発品比率とともに、比率の高い上位5成分を確認する。いつも通り、調剤薬局の調剤レセプトをもとに実際の処方状況を把握・分析する医療情報総合研究所(通称JMIRI(ジェイミリ))のデータを用いて検証した。以下、「後発品」との表記はオーソライズド・ジェネリック(AG)および一般的なジェネリック(GE)のこととする。後発品比率は、2016年9月から17年10月までの...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

8月号特集
(Promotion)

本誌集計 18年度下期 新薬開発パイプラインリスト

新規血友病薬、臓器横断の免疫療法、CAR-T療法など

 

 

8/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/