理研と国がん AIで早期胃がん自動検出 精度約90%

公開日時 2018/07/24 03:50
  • Twitter
  • 印刷

理化学研究所と国立がん研究センターは7月20日、AIで早期胃がんを約90%の精度で自動検出する手法を開発したと発表した。検出できたのは、明らかな腫瘍の隆起が認められる「隆起型」、低い隆起が認められる「表面隆起型」だけでなく、発見が難しい粘膜がくぼんでいるタイプの「表面陥凹型」も含めて検出できたという。早期の実用化を目指すとしている。

これは、理研光量子工学研究センター画像情報処理研究チームの横田秀夫チームリーダーらと国立がん研究センター東病院消化管内視鏡科の矢野友規科長らの共同研究チームが開発したもの。それによると、コンピュータが「がん」と判断した画像中、実際に「がん」であった割合は93.4%に上り、コンピュータが「正常」と判断した画像中、実際に「正常」であった割合は83.6%だった。

早期胃がんには自覚症状があまりなく、がんが進行して症状が現れた場合でも、胃炎や胃潰瘍の症状に似ていることから、がんと分かったときには進行しているケースがある。早期発見を目指す内視鏡を用いた検診でも、画像診断の正確さは医師の経験に大きく依存し、専門医であっても発見が難しい場合があるという。この研究は、国立がん研究センター研究開発費「内視鏡機器開発臨床試験体制基盤確立に関する研究」の支援を受けて行われた。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/