MSD B型肝炎ワクチンのヘプタバックス-IIにシリンジ製剤 10歳未満向けの0.25mLも

公開日時 2018/08/28 03:50
  • Twitter
  • 印刷

 MSDは8月27日、組換え沈降B型肝炎ワクチン(酵母由来)のヘプタバックス-IIについて、水性懸濁注シリンジ0.25mLと同0.5mLを同日に発売したと発表した。ヘプタバックス-IIはこれまでバイアル製剤であり、バイアルからシリンジへの準備に手間がかかっていた。そこを今回、シリンジ化し利便性を高めた。また、10歳未満は0.25mL投与であり、0.25mL製剤を追加することで、使いやすくするとともに、0.5mLの過量投与を避けられるようにした。薬価は、0.25mLが2176円、0.5mLが2417円。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

10月号特集
(Promotion)

本誌調査 新薬採用アンケート2018年版

利便性・アドヒアランス向上見込む製品上位に

 

 

10/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/