GE薬協 18年度第2四半期のGE数量シェア73.2% 70%台で安定

公開日時 2018/12/27 03:50
  • Twitter
  • 印刷

日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)が12月26日に発表した2018年度第2四半期(18年7月~9月)の後発医薬品(GE)の数量シェアは、第1四半期(18年4月~6月)より1.0ポイント増の73.2%だった。18年4月の調剤報酬改定で後発医薬品調剤体制加算の算定要件であるGE調剤割合が引き上げられたが、大きな変化なく、70%台で安定的に推移している。データはGE薬協理事・監事会社のデータとIQVIAデータに基づいて推計した速報値として四半期ごとにGE薬協がまとめているもの。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

1月号特集
(Promotion)

製薬ビジネス大改革 産業イノベーション始動

営業本部進化論 営業スキームを大転換せよ!

 

 

1/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/