科研製薬 「情報提供活動監督室」を4月新設

公開日時 2019/02/19 03:51
  • Twitter
  • 印刷
科研製薬は2月18日、「情報提供活動監督室」を4月1日付で新設すると発表した。4月施行の厚労省の「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン(GL)」に対応する社内体制を整える。
 
販売情報提供活動GLでは、「販売情報提供活動の資材等や販売情報提供活動自体の適切性等をモニタリングする部門」を社内に整備することが求められている。その部門は、販売情報提供活動の担当部門からの独立も求めている。それを受け科研製薬は、「情報提供活動監督室」を独立組織として新設することにした。室長ほか人員体制などの詳細は非開示としている。

そのほか4月1日付で研究開発本部に「メディカルアフェアーズ室」を新設する。これも組織の詳細は開示していない。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/