メディセオ 地域営業組織を大幅改組 機動力高める狙い

公開日時 2019/03/13 03:50
  • Twitter
  • 印刷

メディパルホールディングス(HD)は3月12日、子会社のメディセオが地域営業を担う支社組織の大幅見直しを4月1日付で実施すると発表した。市場が大きな東京と大阪の支社を除き、支社の下にあり、営業部をみていた統括営業部を廃止、支社が各営業部を直接管轄する仕組みに改める。組織階層を減らすことで、支社と営業部間の情報伝達、意思決定のスピードを速め、変化が激しい地域に合わせ営業の機動力を高めたい考え。

組織見直しで、北海道・東北支社、北関東支社、甲信越支社、中部支社、京都支社にある各統括営業部を廃止する。東京支社内でも、統括営業部や傘下の営業部の再編を行う。同社によると、これら組織変更に伴う人員削減はせず、原則人事異動で対応する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/