記事一覧名

推奨記事一覧

23年度医療用医薬品売上3.6%減 増収4社、減収6社 (24/07/01)
IQVIAジャパン RWD活用で主観的な健康状態推定へ共同研究を開始 京都大医療疫学分野と (24/06/20)
働き方改革への対応 Pull型重視の活動にシフト (24/06/01)
製薬企業の命運握る開発早期の薬価・薬事戦略 流通戦略もカギ (24/04/01)
23年国内医療用薬市場 初の11兆円台 抗腫瘍剤市場が2桁成長、勢い回復 1000億円超に7製品 (24/02/27)
日本の創薬力強化 米アカデミア・EBPと協業「米国VC投資の活用を」 元バイエル薬品会長・栄木氏 (24/02/07)
28年医薬品市場予測 日本はマイナスまたは低成長も世界3位を維持 新薬は伸長も特許切れ後市場は縮小 (24/01/30)
23年7~9月の国内医療用薬市場 ラゲブリオ、ゾコーバ急伸 今夏の新型コロナ“第9波”で IQVIA (23/11/20)
IQVIA 23年上期のライフサイエンス企業のM&A 総額は1005億ドル、前同比85%増 件数は28%減 (23/10/17)
国内医療用薬の市場予測 32年までの10年平均成長率は0.8% 27年以降BS影響大きく 富士経済 (23/10/11)
ヘルスケア企業のデータドリブン経営を促す (23/08/21)
23年4~6月の国内医療用薬市場 コロナ禍からの回復本格化 売上トップ10のうち4製品が免疫療法薬 (23/08/18)
国内医療用医薬品市場 27年度まで5年平均成長率、特許期間中の市場はプラス6.5~7.5% IQVIA (23/06/26)
22年のグローバル薬効別売上トップ20 1位は抗腫瘍剤の1974億ドル 4薬効で2ケタ成長 IQVIA (23/06/23)
IQVIA・金子事業部長 DCT実施に同意した被験者数1800人超 DCTリモートコーディネーターを組織 (23/06/21)
22年のグローバル製品売上 1位はヒュミラの349億ドル オゼンピックは1年で92億ドル増 IQVIA (23/06/20)
22年度国内医療用薬市場 過去最高の10兆9688億円 新型コロナの診断薬・治療薬、オプジーボがけん引 (23/06/02)
「ヘルスケア人財の流れに変革を起こす」 (23/04/21)
有識者検討会・遠藤座長 国主導の製薬・卸販売流通DB構築を提案 IQVIAデータの利用に慎重論も (23/04/05)
22年国内医療用薬市場 過去最高の10兆9394億円に 新型コロナ治療薬ベクルリー、ラゲブリオが押し上げ (23/02/27)
12345
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告