【MixOnline】記事一覧2
アトピー性皮膚炎に21年ぶりの新外用薬
20年開発品リスト 革新性高い品目はコレだ

アトピーに21年ぶりの新外用薬

2019/12/28
ミクス編集部が製薬企業69社を対象に開発品を調査したところ、19年11月末時点で申請中のプロジェクト数は98品目だった。
申請中のプロジェクト一覧(疾患分類別) 98プロジェクト
98プロジェクト

申請中のプロジェクト一覧(疾患分類別)

2019/12/28
69社(内資企業47社、外資企業22社)のフェーズ2以降の開発品を調査した。プロジェクト一覧は基本的に19年11月末日までの製薬企業各社の直近の開発品リストに加え、各社のプレスリリース、厚労省の公表資料等も用いて編集部が作成した。
地域医療構想の展望~医療機能の再編統合は進むか
地域医療構想の展望

2020年 医療機能の再編統合は進むか

2019/12/28
遅々として進まない地域医療構想の実現に向けて厚生労働省は昨年9月、機能分化等を含めた再編統合の再検証を要する公立・公的医療機関を公表した。
AI時代は製薬ビジネスの事業機会を創出する

AI時代は製薬ビジネスの事業機会を創出する

2019/11/30
AI(人工知能)やビッグデータを利活用する時代に製薬ビジネスの事業機会は拡がるだろうか。答えは「Yes!」だ。画像診断や検査データをAIが解析することで、患者に最適な治療を提供することが可能となる。
AIが医療をアシスト
疾患を早期発見 最適な治療・投薬で医療費適正化も

AIが医療をアシスト

2019/11/30
医療分野におけるビッグデータの利活用は今後急速に拡大する。地域包括ケアシステムの構築に伴い、病院、診療所、保険薬局間で診療情報が共有化され、そのデータを基に医療者同士のコミュニケーションが活発化する。
リモートMRコミュニティ始動
MCS活用で医師、薬剤師対象の実証実験

リモートMRコミュニティ始動

2019/11/30
医療分野におけるビッグデータの利活用は今後急速に拡大する。地域包括ケアシステムの構築に伴い、病院、診療所、保険薬局間で診療情報が共有化され、そのデータを基に医療者同士のコミュニケーションが活発化する。
MRのタッチポイントは確実に変わる

MRのタッチポイントは確実に変わる

2019/11/30
政府は2020年度からレセプト情報・特定健診等情報データベース(NDB・ナショナルデータベース)や介護保険総合データベースの連結解析を本格化させる。
オンライン診療とePROが築く医療の新たなカタチ
診療現場の未来像に迫る

オンライン診療とePROが築く新たなカタチ

2019/11/30
オンライン診療を外来診療の代替機能、または診療のコミュニケ―ションツールのひとつと捉えると、その本質を見失いかねない。医療者と患者を常時結ぶオンライン環境の構築によって、ePRO(電子的患者報告アウトカム)の利活用や集積が容易になり、これまでの医療のあり様を一変させる可能性を秘めているからだ。
ピッチコンテストの波がきた!!
ヘルスケア産業に広がるテックイベント その可能性を探る

ピッチコンテストの波がきた!!

2019/11/30
「波がきた」――。12月9日から2日間にわたって開催される国内最大規模のヘルステックカンファレンス・HIMSS & Health 2.0 Japan 2019を前に、統括ディレクターを務める上田悠理医師は話す。
データサイエンスが製薬産業を革新させる
スイス・バーゼルの街にみた健康医療の未来像

データサイエンスが製薬産業を革新させる

2019/11/30
「米国のがん患者で臨床試験に参画しているのは3%」、「30%の患者が臨床試験の途中でドロップする」、「臨床試験に参画する20%弱の施設が患者の登録数がゼロ」、「プロトコルで定めた期日に臨床試験を終了させる施設は20%」――。ショッキングな数字が物語るのは、革新的技術が必要とする患者へ迅速に届いていない事実だ。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー