【MixOnline】記事一覧2
製薬企業がドラマで“ヒール役”が多いのはなぜ?
医師が求めるMR調査

製薬企業がドラマで“ヒール役”が多いのはなぜ?

2020/01/31
医師との癒着や、不都合な試験データの隠蔽…。テレビドラマや小説のなかに登場する製薬企業の姿だ。すべての作品が該当するわけではないが、比較的ヒーローのように扱われる医師に反して、製薬企業は、ヒール役として描かれていることが多いと感じている人は多いのではないか。
AI時代、MRに必要なのは問題発掘力
医師が求めるMR調査

AI時代、MRに必要なのは問題発掘力

2020/01/31
医師が求めるMR調査2020年版では、優れているMRが所属する企業として、第一三共が首位を奪還した。昨年4年ぶりに首位に立った武田薬品は再び2位に甘んじた。
優れているMR 第一三共が首位返り咲き
医師が求めるMR調査

優れているMR 第一三共が首位返り咲き

2020/01/31
医師600人(GP/HP各300人)が選んだ「優れているMR」が所属する企業の1位は、第一三共となった。
優れているMR〈GP編〉 第一三共が3年連続トップ
優れているMR〈GP編〉 

第一三共が3年連続トップ

2020/01/31
開業医300人が選んだ「優れているMR」企業ランキングは、第一三共が3年連続の首位となった。
優れているMR〈HP編〉 武田が2年連続1位も、2位と1票差
優れているMR〈HP編〉 

武田が2年連続1位も、2位と1票差

2020/01/31
病院勤務医300人が選んだ「優れているMR」企業ランキングは2年連続で武田薬品が首位、2位が第一三共となった。前年の10票差が1票差に縮まった。
優れているMR〈診療科別〉 一般内科、呼吸器科、整形外科で首位交代
優れているMR〈6診療科別〉

一般内科、呼吸器科、整形外科で首位交代

2020/01/31
医師600人(各診療科100人(GP/HP各50人))が選んだ「優れているMR」が所属する企業ランキングを、調査対象の6つの診療科別にみると、一般内科、呼吸器科、整形外科で首位の交代があった。
タケキャブ 隙のない営業力で2年連続の首位
医師が求めるMR調査 情報提供力の高い製品

タケキャブが2年連続首位

2020/01/31
1位、2位のタケキャブとリクシアナは前回と同様である。タケキャブは、強力な酸分泌抑制などの薬効の高さに加え、的確かつ過不足のない情報提供などトータルの営業力で、もともと高評価の製品力をさらに高めている印象だ。
「特になし」が急増 印象薄いMRが増加か
医師が求めるMR調査 印象に残った行動

印象薄いMR増加

2020/01/31
編集部では、印象に残ったMRについて、600人の医師を対象に調査した。企業別でみると、トップは大塚製薬、2位は第一三共、3位が日本イーライリリーだった。
市内の全8病院が参加する連携推進法人を設立
地域医療再編の現場から 日光ヘルスケアネット

市内の全8病院が参加する地域医療連携推進法人を設立

2020/01/31
2025年には団塊世代がすべて後期高齢者となり、2040年頃には高齢者数がピークを迎える一方、人口の急激な減少が始まる──。呪文のように出てくるフレーズだが、確かにその時は確実に訪れ、各エリアの姿かたちを大きく変えていく。
2020年始動「働き方改革」はMR成長の起爆剤だ
2020年始動

働き方改革はMR成長の起爆剤だ

2019/12/28
2020年が始動した。令和時代が本格的に幕開けする。20年という節目の年であることから、5年後の超高齢化社会の到来を見据え、さらに10年後の労働生産人口の減少に伴う社会構造と社会システムの変革に向けた様々な施策がスタートを切る。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー