【MixOnline】記事一覧2
製薬各社別影響率 長期収載品、G1品の影響度強まる
22年度薬価改定 編集部調査

長期収載品、G1品の影響度強まる

2022/04/01
ミクス編集部は製薬各社(有効回答54社)に、2022年度薬価改定の影響を調査した。21年4月からの影響率ではエーザイが「9%台半ば」、大日本住友製薬が「約8%台半ば」と回答。主力品の特許切れがあった企業に加え、長期収載品比率の高い企業や、G1品目が主力品の企業で影響度が大きい結果となった。
2022年度薬価改定 各社影響率及び主力品(汎用規格)改定率
22年度薬価改定 編集部調査

企業別 改定影響率及び主力品改定率

2022/04/01
ミクス編集部は製薬各社を対象に22年度薬価改定影響に関するアンケート調査を実施した。回答社数は54社。会社全体への改定影響率を20年4月起点と21年4月起点のそれぞれで聞いたほか、直近の長期収載品比率や新薬創出等加算品目数などを聞き、整理した。
デジタルで医師に情報をインプットする流れは確立
MR意識調査22年版

デジタルで医師に情報をインプットする流れは確立

2022/03/01
ミクス編集部は現役MRを対象に、コロナ禍を2年経過した「MR像」を把握するための調査を行った。
「デジタル」はMR活動の必須アイテム
いまどきのMR 22年版

「デジタル」はMR活動の必須アイテム

2022/03/01
ミクス編集部はコロナ禍を2年経験した「MR像」に迫るべく、現役MRとその上長を対象にアンケート調査を実施した。オミクロン株の登場に伴い、全国的な新規感染者数の増加とともに病院の訪問自粛要請は長期化している。
営業車はMRにとって「第2の仕事場」
コロナ禍のMR活動「働く場所」

営業車はMRにとって「第2の仕事場」

2022/03/01
いまや営業車は、MRにとって第2の仕事場と言えるかもしれない。ミクス編集部の調査からは、コロナ禍で働く時間が増えた場所として、「自宅」に次いで、「営業車の中」との声があがった。
お互い在宅勤務で競合社の動き掴めず!
コロナ禍で感じたMRの不安や悩み

お互い在宅勤務で競合社の動き掴めず!

2022/03/01
新型コロナの感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指し、多くの企業が社員の在宅勤務やテレワークを導入した。約2年が経過するなかで、改めて問題視されるのがコミュニケーションの取り方や社員の心の健康に関する課題だ。
ファイザー、武田薬品、大塚製薬が上位に
MRが選ぶ「オンライン面談」ランキング

ファイザー、武田薬品、大塚製薬が上位に

2022/03/01
ミクス編集部の調査では、オンライン面談、デジタルツールの活用、DXへの取り組みが進んでいると思われる製薬企業についてMRに想起して頂いた。
1位はオンライン会議システム、評価ウエイト高まる
MR活動の三種の神器

1位はオンライン会議システム、評価ウエイト高まる

2022/03/01
コロナ禍におけるMR活動の三種の神器は、第1位がオンライン(Web)会議システム、第2位がアポイント獲得に用いるメール、第3位がWeb講演会のライブ配信――となった。
顕在化した問題の解決はITやAIの独壇場…
キャリアとスキル

問題解決はITやAIの独壇場

2022/03/01
新型コロナに伴う外勤自粛や医療機関からの訪問自粛要請が続く中、自身のキャリアに不安を抱くMRは7割超と相変わらず高水準である。一方、将来のキャリアについては「営業職としてのキャリアアップ」「現状維持」の割合が増加した。
部下のタイプ等に応じた”使い分け”が肝要
理想の上司ってどんな人?

部下のタイプに応じた”使い分け”が肝要

2022/03/01
理想の上司像とはいかなるものか。むろん、「理想」とは相対的な概念だ。ある人にとっては理想でも、別の人にとっては自身の成長を阻んでいる存在になっていることもありうる。したがってある程度、類型化してその一端を示すほかない。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー