【MixOnline】記事一覧2
専門知識を一気に高め対話するには
Kiku塾 菊岡正芳

専門知識を一気に高め対話するには

2024/05/01
MRは医師やメディカルスタッフという専門職種の人を相手に、担当する治療薬の適正治療を普及する職業。専門的な知識が求められ、公益財団法人MR認定センターの認定試験に合格して活動し、所属企業から継続教育を受け、倫理・安全管理・技能・製品関連教育を受けている。
希少疾病、まれな癌などの情報活動、治療経験を対話する
Kiku塾 菊岡正芳

治療経験を対話する

2024/04/01
希少疾病を対象とした医薬品が増え、MRの情報活動で希少疾病のウエイトが増えている。がん治療も患者数が多い癌から、遺伝子型の制限がついた癌や、患者数が多くない癌の医薬品が多く承認されている。今回はがんを含めた稀な疾病への情報活動について考える。
伝えた後の処方までのステップを乗り越える
Kiku塾 菊岡正芳

伝えた後の処方までのステップを乗り越える

2024/03/01
MRの情報活動は、製品に関する情報を正確に伝えること、これが大部分を占める。情報を正確に伝えると新規処方につながる医師がいる一方で、該当患者がいるにも関わらず処方が全く始まらない医師がいる。
顧客の声を集めると発見がある
Kiku塾 菊岡正芳

顧客の声を集めると発見がある

2024/02/01
製薬企業が新規開発し上市する薬剤が、多くの患者さんが適用となる薬剤から、稀少疾病へと変わって久しい。
営業面談におけるリーダーシップ
Kiku塾 菊岡正芳

営業面談におけるリーダーシップ

2024/01/01
本連載も50回を迎え、MRと医師やメディカルスタッフの面談が、製品紹介で終わるという一方通行スタイルから、対話スタイルの営業活動スタイルに取り組む製薬企業が増え、MRと医師・メディカルスタッフの対話が進むことで、今まで以上に医療に貢献しているというMRの喜びの声を多数いただき、嬉しく感じている。
MR面談 失敗事例から学ぶ
Kiku塾 菊岡正芳

MR面談 失敗事例から学ぶ

2023/12/01
製薬会社MRの医師との対話事例を拝見する機会がある。情報収集のデジタル化が進み、人工知能との対話が可能となってきているが、医師がMRとの対話を望んでいる。デジタルや人工知能が現在できないことは、積極的傾聴を伴う対話。
オープンAI時代のMRの聴く力の差
Kiku塾 菊岡正芳

オープンAI時代のMRの聴く力の差

2023/11/01
MR活動の中心となるのは自社製品の情報提供と安全性情報などの収集。安全性情報の収集は副反応の発現頻度にも左右されるが、新発売時や効能追加時を除けば一般的にはそれほど多くの収集機会がない。
「MR活動は量か質か?」
Kiku塾 菊岡正芳

「MR活動は量か質か?」

2023/10/01
人々の動きが活発になり、ビジネスの機会もオンラインから対面が増加している。医療機関の訪問規制は大規模病院を中心に続くものの、MRが医師・メディカルスタッフと直接対話する機会が増えている。
「一歩踏み込む問いかけ、抽象から具体へ」
Kiku塾 菊岡正芳

「一歩踏み込む問いかけ、抽象から具体へ」

2023/09/01
MRと医師との対話の実際を見る機会がある。医師が医薬品の処方に関係する言葉を発しても、また使用中の薬剤の使用感について話しても、MRがその言葉をフォローせずに、「ありがとうございます」とお礼を述べて終わったり、「自社製品のデータは・・・です」と製品情報の話を展開している。
「医師の治療方針を聞く、臨床課題を聴く」
Kiku塾 菊岡正芳

「医師の治療方針を聞く、臨床課題を聴く」

2023/08/01
新製品発売時、あるいは1年に1回など定期的に、MRは会社からの指示等により医師から薬物治療の方針を聞く活動を行っている。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー