【MixOnline】記事一覧2
会議にAIが参加⁉ アイデア次々に生まれイノベーション加速へ
小野薬品

「OnoAIChat」の利活用を開始

2023/09/01
小野薬品は6月、海外を含めたグループ全体で生成AI「OnoAIChat」の本格的な利活用を開始した。約2か月間で約6割の従業員が利用し、多くが業務効率の向上に実感を得たという。
診療や業務の省力化だけでなく補完・代替も
生成AIは医療の形をどう変えるか

診療や業務の省力化だけでなく補完・代替も

2023/09/01
来年度からの医師の時間外労働上限規制に加え、中長期的には生産性労働人口の減少で働き手不足が確実視されている。医療業界がマンパワーに依存した医療提供システムから脱却しなければならないのは誰の目から見ても明らかであろう。
地域の骨粗鬆症治療の機会創出を最大化
小林記念病院における骨粗鬆症地域連携

循環型リエゾンサービスの完成形に向け着々

2023/09/01
2022年度の診療報酬改定で大腿骨近位部骨折の患者を対象とした二次性骨折予防継続管理料が新設されたのを機に、医療現場で骨粗鬆症治療への注目度が高まっている。
覚悟をもってICT活用を推進し新たな医療を創り上げる好機に
医師の働き方改革に挑む

新たな医療を創り上げる好機に

2023/09/01
医療界における改革といえば、診療報酬改定然り、医療提供体制の見直し然りで、どちらかというと“待ちの姿勢”や“後追い”で対応することができた。
本来業務の時間を創り出す働き方改革を実践
HITO病院

本来業務の時間を創り出す働き方改革を実践

2023/09/01
働き方改革のゴールを医師の労働時間削減に設定する病院は少なくない。制度的にも時間外労働の上限時間を時限付きで短縮するという建て付けになっているのだから当然といえば当然である。
AI問診は「ないと困るもの」 AI活用の機運高まる
長野中央病院

AI問診は「ないと困るもの」

2023/09/01
長野中央病院(長野市)の内科では、紹介状なしで訪れた初診の患者にAI=人工知能を使った事前問診を行っている。2019年の試験導入から4年。
「医療者が求める情報」に応えよう
創刊50周年に寄せて 編集長 沼田佳之

「医療者が求める情報」に応えよう

2023/08/01
厚労省の「販売情報提供活動ガイドライン(GL)」が施行されて5年が経過する。この間、MR活動の取材を通じ、「医師や薬剤師の求めに十分応えられない」との嘆きの声を沢山聞いた。
国内P2以降の開発品は約800 申請品目数は91
開発パイプラインリスト

国内P2以降の開発品は約800 申請品目数は91

2023/08/01
ミクス編集部が製薬企業73社の国内フェーズ2以降の開発品を集計したところ、2023年7月13日時点でプロジェクト数(以下、品目数)は速報値で約800品目あり、うち申請中は91品目となった。
胃がんや慢性GVHD治療に新たな選択肢登場へ
開発パイプラインリスト

胃がんや慢性GVHD治療に新たな選択肢登場へ

2023/08/01
ミクス編集部がまとめた開発パイプラインリスト23年8月版では、アルツハイマー病や胃がんに対する新たな標的の抗体薬、新規機序の慢性GVHD治療薬が申請段階に進んでいることが確認できた。
近づく国内承認 待ち受ける課題
AD治療薬レカネマブ

近づく国内承認 待ち受ける課題

2023/08/01
「万感、胸に迫るものがある」━━。アルツハイマー病治療薬・レカネマブ(米国製品名:LEQEMBI)が米国で正式承認されたことを受け、7月7日に記者会見したエーザイの内藤晴夫CEOはこう第一声を発した。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー