【MixOnline】記事一覧2
有事の際に“機動的”に受入体制を整備する方針
感染拡大時の受入体制

病床と人材の確保、地域での役割分担が鍵に

2020/11/30
COVID-19の感染拡大は地域医療構想にどのような影響を与えるのか。11月5日に開催された「地域医療構想に関するワーキンググループ」(以下、WG)では新興感染症感染拡大時の受入体制の確保について、医療計画に「感染拡大時等の医療」を位置づけていくほか、調整会議で新興感染症等への対応を踏まえて協議を行うといった考え方が示された。
120万人のPHRを整備 オンライン診療サービス開始
MDVのオンライン診療サービス

データを持つ患者だけをつなぐ

2020/11/30
国内最大級の3300万人以上の診療データベースを保有するメディカル・データ・ビジョン(以下、MDV)が10月27日から、オンライン診療サービスの本格的な提供を始めた。
DXが患者中心の医療を実現する
DXが患者中心の医療を実現する

DXが患者中心の医療を実現する

2020/10/31
「安全性と信頼性をベースに、オンライン診療について初診を含め原則解禁する」――。河野太郎行政改革・規制改革担当相、平井卓也デジタル改革担当相、田村憲久厚労相の3大臣合意は、医療関係者にとって衝撃をもって受け止められた。
中国平安保険との協業でビジネス変革を
塩野義製薬の挑戦

中国平安保険との協業でビジネス変革を

2020/10/31
「医薬品という材のみ提供する既存ビジネスの延長でなく、患者が必要とするソリューションを提供する企業になる」――。塩野義製薬の手代木功社長は10月13日に東京都内で開かれた同社と中国平安保険との合弁会社の設立に関する事業説明会で、こう強調した。
患者に最適な治療法やソリューションを提供
平安塩野義 吉田達守董事長

ヘルスケアプラットフォーマーに意欲

2020/10/31
「我々の創薬力や疾患の知識だけでなく、ヘルスケア分野のビッグデータやAI技術を活用した新たなヘルスケアプラットフォームの確立が求められている」――。塩野義製薬と中国平安保険の合弁会社「平安塩野義」の吉田達守董事長兼CEOは本誌取材にこう語った。
DXはトップイノベーター実現への布石
中外製薬の挑戦

DXはトップイノベーター実現への布石

2020/10/31
「DXは、コア事業である革新的新薬の創出のプライオリティが最も高い。バリューチェーンの効率化で得られた経営資源を創薬にさらに集中的に投資し、経営の軸を強めていきたい」――。
バリューチェーン強化で既存ビジネスを骨太に
田辺三菱の挑戦 清水良デジタルトランスフォーメーション部長

バリューチェーン強化で既存ビジネスを骨太に

2020/10/31
三菱ケミカルホールディングス(HD)の完全子会社となり、新たなスタートを切った田辺三菱製薬。三菱ケミカルHDは買収の目的として、“ヘルスケア事業×デジタル”を掲げる。
オンライン診療サービス「LINEドクター」で市場参入
LINEヘルスケアの挑戦

オンライン診療サービス「LINEドクター」で市場参入

2020/10/31
LINEスタンプを使ったメッセンジャー・アプリとして利用者を魅了し、成長を続ける「LINE」――。通勤電車の車内を見渡しても、中高校生、OL、サラリーマン、さらにはお年寄りといった幅広い年代層がLINEアプリを使ってメッセージやスタンプの交換を楽しんでいる。
多くの人が末永く健やかで暮らせる社会を創る
室山真一郎社長

多くの人が末永く健やかで暮らせる社会を創る

2020/10/31
「多くの人が末永く健やかで暮らせる社会を創る。これに尽きる」――。LINEヘルスケアの室山真一郎社長は「LINEドクター」を同社が手掛ける理由をこう強調した。
初診を含めてオンライン診療は原則解禁へ
3大臣が合意

菅政権が目指すデジタル社会の実現

2020/10/31
「安全性と信頼性をベースに、オンライン診療について初診を含め原則解禁する」――。河野太郎行政改革・規制改革担当相は10月9日の閣議後会見でこう述べた。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー