【MixOnline】記事一覧2
武田薬品 対面での”気づき” デジタルで実現できるか
武田薬品のリモートワーク

対面での”気づき” デジタルで実現できるか

2020/03/31
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の防止に向け、業界内でいち早く対応策を公表したのが武田薬品だった。武田は2月17日、国内の従業員に対して“可能な限り在宅勤務を行うことを推奨する”とのガイダンスを発出したと発表。
NBI 情報活動 5G時代見据えデジタルと対面のミックスへ
NBIの情報活動

5G時代見据えデジタルと対面のミックスへ

2020/03/31
日本ベーリンガーインゲルハイム(NBI)は17年10月に、独自のテレワーク制度を本格導入した。仕事場は国内であれば酒席などを除き原則どこでも可、営業日は毎日利用可など利用制限を極力排除したことが特徴だ。
MRから医師へのメール、平時の3倍に
Data 新型コロナで情報活動変化

MRからのメールは3倍に ディテールは平時の69%

2020/03/31
新型コロナウイルスの感染拡大の防止に向け、製薬各社が相次ぎ在宅勤務を基本としたり、医療機関訪問を原則自粛するとの方針を掲げるなど、医薬品の情報提供・収集活動にも影響を与えている。
Advanced Analyticsの優位性を活かす新モデル
AI活用の新潮流

Advanced Analyticsの優位性を活かす

2020/03/31
製薬企業の新たなセールス・マーケティングとして、AI(人工知能)の活用に期待が高まっている。PwCコンサルティング合同会社はAdvanced Analyticsの優位性を活かした新たなマーケティングモデルを提案している。
学会の利便性と質の向上を高める大きな武器に
「リモート学会」のポテンシャル

リアルとバーチャルの良いとこ取りを目指せ

2020/03/31
新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、医学会総会などの開催延期・中止が相次いでいるなか、形態はまちまちだがWEB配信で対応する学会が増えている。
製薬企業も働き方を見直さざるを得ない状況に
新型コロナで進むテレワークや時差出勤

製薬企業も働き方を見直さざるを得ない状況に

2020/03/31
新型コロナウイルスの感染の拡大に伴い、政府はテレワークや時差出勤の推進を強力に推奨している。柔軟な働き方の実現に向けた取組みは、東京オリンピック・パラリンピックの開催を見据えて、進められてきたが、多くの企業が対応を強く迫られた格好だ。
「医療資源が重点的に活用される外来医療」を軸に
地域医療再編の現場から 胎動始めた外来医療

機能明確化から機能分化・連携までの枠組みつくる

2020/03/31
地域医療の再編においては外来医療も例外ではない。医療計画の見直し等に関する検討会は2月28日の会合で、外来医療の機能分化・連携の推進を議論の俎上に乗せて以降、4月の中間とりまとめに向けて急ピッチで検討を進めている。
テレワークがMRの働き方に変化を与える

テレワークがMRの働き方に変化を与える

2020/03/31
新型コロナウイルスの感染拡大の防止に伴う政府の自粛要請により、各社のMRを含む従業員の在宅勤務が本格化した。耳慣れないテレワークという未知の世界に多くのMRが足を踏み入れた。
企業別影響率 中外と帝人で9%台
20年度薬価改定

企業別影響率 中外と帝人で9%台

2020/03/31
2020年4月実施の薬価基準の全面改定が3月5日に官報告示されたことを受けて、製薬各社に改定影響調査(59社回答)を行った。今回は、前回の通常改定となる18年4月の薬価を基準とした改定率と、消費税率引上げに伴う19年10月の薬価を基準にした改定率の2つを調査。
近畿2府4県に600の「小さな顔の見える会」
地域卸・ケーエスケーの挑戦

近畿2府4県に600の「小さな顔の見える会」

2020/03/31
「地域卸だからこそ、地域に安全と安心を提供する活動に注力したい」―― 。近畿2府4県に商圏を持つ 医薬品卸・ケーエスケーは国の地域包括ケアシステムの進展を見据え、地域の医療者・介護者をつなぐ活動 を全面的にサポートしている。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー