【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

FDA  ネット広告ガイダンス案を近く公表

公開日時 2011/03/18 04:00

米食品医薬品局(FDA)は、製薬企業がインターネットを活用して行う販売促進活動についてガイダンス案を2011年第1四半期に公表する計画だ。


米国では、製薬企業が消費者向け(DTC)広告を展開する際には、文書あるいはインターネットを活用するかなど媒体別の広告内容等をFDAのマーケティング・広告・コミュニケーション部(DDMAC)に所定の届け出をする必要があるが、今年2月15日現在でその届け出のうちインターネット関連広告が24%に達したことが分かった。


2006年には、インターネットDTC広告の割合は、届け出の11%、2009年には20%、2010年には22%だった。そのような増加傾向の一方では、企業がインターネットDTC広告に不慣れなせいもあって、企業が間違った使用で警告を受けた例が2010年は警告数52件のうちの16件(30%)となり、2009年の警告数41件のうち18件(44%)から減少したもののまだ多く、ガイダンスの発行が待たれていた。


このような実態を背景に、FDAはガイダンスをまとめる方針を決めたが、①限定されたスペースのなかでツール活用する際の法的要件の満たし方、②製薬企業、卸業などが責任を持つオンライン・コミュニケーションについて、③インターネット上のリンクの使用と誤いた情報 の修正について‐などの内容のいずれかが組み込まれる予定。

 

 

The Pink Sheet   3月7日号
 
 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー