【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

PhRMA会員企業 54剤のCOPD治療薬を開発中

公開日時 2012/02/10 04:00

米国研究製薬工業協会(PhRMA)の会員企業が現在、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の適応を目指して開発中もしくは申請中の薬剤が54剤に上ることが分かった。PhRMAが2月2日公表した報告書「Medicines in Development COPD」で明らかになった。

現在、米国では1300万人以上がCOPDに罹患していると報告されている。米国立衛生研究所(NIH)によれば、COPDの患者は増加傾向にあり、現在の患者に加え、1200万人はCOPDであるにもかかわらず、疾患の認識がないという。また、12万人が、毎年COPDが原因で死亡、米国人の死因の3番目となっている。さらに数百万の患者に肉体的苦痛を強いるばかりでなく、COPDに係る医療費(直接および間接コスト)は毎年499億ドルに達するという。そのような実情から、強力なCOPD対策が求められ、有効な薬剤開発が望まれている。

PhRMAは、米国の研究者らはCOPD撲滅のために新たな治療法に取り組んでいる実例として、54剤の中から、(1)COPD患者でしばしば血中で測定値が上がるタンパクを標的とした成人幹細胞療法、(2)炎症に関与するIL-1受容体に作用するモノクローナル抗体、(3)COPDにおける基礎的炎症を標的とした薬剤――などを上げている。

PhRMAのJohn J・Castellani理事長兼CEOは、「COPDは、有効な治療法で疾患の進行と増悪を抑えることが出来るので、早期発見が不可欠」と指摘したうえで、「本報告書で示された今後登場する新規治療法は、患者の症状を改善させ、生命を救うために大きな希望を与えることを意味する」と今後のCOPD治療薬の開発に期待感を示した。

 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー