【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

【診療報酬改定:注目トピック18】精神疾患でもチーム医療支援

公開日時 2012/08/29 04:00

診療報酬改定で知っておくべきトピックを、ミクス増刊号「医師と話せる診療報酬改定」(3月25日発売)から定期的に紹介するこのコーナー。第16回からは増える精神疾患対策。今回の診療報酬改定の柱となっているチーム医療の支援が精神疾患対策でも見られることを解説する。

抑うつ、せん妄など一般病棟でも増える精神科医療ニーズが高まっている。精神疾患が潜んでいるケースも少なくない自殺を図った患者の受け入れ、入院による環境変化によるせん妄、抑うつなどを持つ患者などだ。それに対し、より適切で、かつ退院後の外来治療にスムーズにつなげる治療を行うため、医師、薬剤師、看護師、精神保健福祉士らチームで連携して医療を提供した場合に加算できる仕組みを新設した。
精神科リエゾンチーム加算 200点(週1回)

算定するには、精神症状の評価、診療実施計画書の作成、定期的なカンファレンス実施(月1回程度)、精神療法・薬物治療等の治療評価書の作成し、退院後も精神医療(外来等)が継続できるような調整を行うことが必要。1チームにつき1週間でおおむねね30 人以内とする。

チームは、▽十分な経験のある専任の精神科医▽所定の研修を修了した専任の常勤看護師▽十分な経験のある専従の常勤精神保健福祉士、常勤作業療法士、常勤薬剤師、常勤臨床心理技術者のいずれか1人--で構成する。

「医師と話せる診療報酬改定」のサンプルの閲覧 こちら

ミクスOnlineプレミア会員の方は、「医師と話せる診療報酬改定」を
e-BOOKで見られます。 こちら

過去記事
第1回 退院促し医療連携や在宅で支える流れ作る こちら
第2回 退院支援、地域連携支援をする病院の評価 こちら
第3回 在宅患者の支援強化を誘導 こちら
第4回 訪問看護ステーションとの連携 こちら
第5回 在宅医療へ薬局薬剤師の参画を促す こちら
第6回 便利な間歇注入シリンジポンプの普及後押し こちら
第7回 在宅酸素療法などによる指導加算算定しやすく こちら
第8回 がん治療の地域連携を促す こちら
第9回 外来がん治療にチーム医療を促す こちら
第10回 入院から在宅まで緩和ケアを促す こちら
第11回 在宅緩和ケアを促す こちら
第12回 認知症 まずきちんと診断 こちら
第13回 入院の短期化を促す こちら
第14回 認知症の長期入院患者の退院支援 こちら
第15回 認知症の急性増悪を地域連携で対応 こちら
第16回 向精神薬の多剤投与は減算 こちら
第17回 治療抵抗性統合失調症患者の副作用管理に500点 こちら








 

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー