【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

PhRMAメンバー企業 182剤の糖尿病治療薬を開発

公開日時 2014/02/26 03:50

米国研究製薬工業協会(PhRMA)のメンバー企業は現在、米食品医薬品局(FDA)に承認申請済みのものも含む182剤の糖尿病治療薬を開発中であることが分かった。同協会が不定期で発行している「開発中の薬剤:糖尿病」(Medicine in Development:Diabetes)最新報告で報告された。


内訳は、1型糖尿病治療薬が30剤、2型糖尿病治療薬が100剤、糖尿病関連疾患(糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害など合併症)治療薬が52剤。


開発中の薬剤の中には、▽ブドウ糖依存インスリン分泌改善を促す2型糖尿病治療薬、▽糖尿病性神経障害に関与する酵素を阻害する薬剤、▽膵β細胞の再生を刺激・強化する1型糖尿病治療薬―などが含まれる。


PhRMAのJohn Castellani理事長兼CEOは、「ほぼ200剤に達する開発中の薬剤は、患者、公衆衛生、経済における膨大な負担を緩和することができる希望を提供するものだ」と製薬団体としての抱負を語った。PhRMAは、米NIH(国立衛生研究所)が、2月4日発表した2型糖尿病、アルツハイマー病、自己免疫疾患の薬剤開発や疾患解明を目的としたプロジェクト「医薬品加速パートナーシップ」(AMP)に参画している。AMPでは、製薬企業10社ほか、学会など8団体が参画している。


米国では、現在、2600万人が糖尿病に罹患しているという。米国疾病管理予防センター(CDC)によれば、米国の成人の糖尿病有病率は過去20年間で45%増加したと報告されている。今日、米国の成人の10人に1人は糖尿病で、現在の傾向が続くと2050年までに3人に1人が糖尿病になると見込まれる。


さらに糖尿病の社会における経済的負担も見逃せない。米国糖尿病協会(ADA)によれば、2012年のみで、糖尿病による直接医療費は1760億ドル、糖尿病が原因で喪失された生産性コストは690億ドルとなり、合計2450億ドルに上るという。この総額は2007年時の1740億ドルから41%増となっている。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(0)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー