【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

GSK 長時間作動型抗コリン薬ウメクリジニウム COPDで承認申請

公開日時 2014/05/27 03:51

グラクソ・スミスクライン(GSK)は5月23日、長時間作動型抗コリン薬ウメクリジニウムについて、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の適応で、同日付で承認申請したと発表した。エリプタデバイスを使用する1日1回吸入タイプ。欧米ではこの4月に承認を取得している。

 

今回申請されたウメクリジニウムと長時間作動型吸入β2刺激薬ビランテロールトリフェニル酢酸塩との配合剤(LABA/LAMA配合剤)が4月30日に薬食審・医薬品部会を通過しており、順調に進めば6月に承認され、7~8月に薬価収載される見込み。

 

エリプタはふたを開ける1つの動作のみで吸うことが可能な吸入器で、同社が13年12月に発売した吸入ステロイドとβ2刺激薬配合剤のレルベアでも用いられている。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー