【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

アステラス製薬 感音性難聴の新薬候補を導入 

公開日時 2019/07/19 03:50
アステラス製薬は7月17日、米Frequency Therapeutics社が感音難聴の治療薬として開発を進める「FX-322」について、米国を除く全世界での開発・商業化の独占的ライセンス契約を締結したと発表した。現在、感音難聴に対し承認されている標準治療はないという。同剤は、感音難聴の主な原因となる内耳の有毛細胞の損傷や欠落に対し、内耳に存在する前駆細胞を有毛細胞へ分化させ、聴力の回復を促すとされる。米Frequency社は2019年第4四半期に前期第2相試験を開始予定で、それ以降の後期第2相試験をどう進めるか、どこで開発を行うかなどを今後両社で検討する。

アステラスによると、「FX-322」はジェル状の製剤で、その中に複数の低分子化合物が配合されている新薬候補物質。Frequency社は臨床第1/2相試験をすでに終えている。重篤な有害事象はみられず、複数の患者において聴覚機能の改善がみられたとしている。

契約により、両社は共同で、グローバルでの臨床試験を行うほか、商業化のために必要な準備を進める。アステラスはFrequency社に対し、契約一時金8000万ドルを支払う。開発と商業化の進捗に応じたマイルストンとして最大総額5億4500万ドルに加え、契約地域での売上に応じたロイヤリティを支払う可能性がある。

同剤の導入についてアステラスは、「FX-322は再生の仕組みに注目したプログラムであり、最先端の科学、技術を積極的に取り込み、患者さんの価値に変えていくというアステラス製薬の戦略に基づく取り組み」と説明している。
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(15)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー