【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

帝人ファーマ 吸入ステロイド薬・オルベスコで2万本確保 新型コロナの臨床研究で

公開日時 2020/03/11 04:51
帝人ファーマは3月10日、新型コロナウイルス感染症の臨床研究実施に向けて、吸入ステロイド喘息治療薬・オルベスコ(一般名:シクレソニド)を2万本確保すると発表した。厚生労働省健康局結核感染症課から要請を受けたもの。日本環境感染症学会が同日公表した「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド第 2 版改訂版 (ver.2.1)」でも、抗 HIV 薬のロピナビル/リトナビル、抗インフルエンザ薬のアビガンや、エボラ出血熱として開発されたレムデシビルにならび、「治療薬の候補」として名があがっている。なお、同ガイドでは、「現在、有効性が証明された治療法はない」と明確にしたうえで、「今後の検証によって効果が証明されれば治療薬として⽤いられる可能性がある」としている。

同剤をめぐっては、神奈川県立病院機構 神奈川県立足柄上病院が3例の新型肺炎に対する症例報告を行った。新たな治療法として期待を集め、医療現場からの問い合わせが相次ぎ、出荷調整を行っている状況にある。そのため、今回の臨床研究向けの確保についても、「気管支喘息の患者の安定供給を確保したうえで実施する」と強調している。

同剤の効能効果は、気管支喘息で、新型コロナウイルス感染症は適応外で、有効な抗菌剤の存在しない感染症や深在性真菌症の患者には禁忌とされている。





プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(76)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー