【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

塩野義製薬 中国平安保険と資本業務提携へ AIやO2Oで新規ヘルスケアモデル構築

公開日時 2020/03/31 04:51
塩野義製薬は3月30日、同日の取締役会で中国平安保険(集団)股份有限公司(本社・中国広東省深圳市)との長期戦略的パートナーシップの構築に向けて資本業務提携を締結することを決議したと発表した。中国平安保険の保険・金融・ヘルスケア事業から得られるデータと、塩野義製薬の有する研究開発のケイパビリティを融合することで、新たな研究開発モデルの確立、効率化を実現する。さらにAIテクノロジーを活かした製造・品質管理システムの開発、ヘルスケアO2O(Online to Offline)による新たな販売・流通モデルの構築などを目指す。

◎中国平安保険-中国最大の医療健康管理プラットフォーム 医療IT化で躍進

塩野義製薬が資本業務提携する中国平安保険は、フォーブス誌の「2019年世界の有力企業2000社ランキング」で第7位に入る成長企業だ。主力の保険や金融に加えて、近年は「世界をリードするテクノロジー主導型の個人金融サービスプロバイダーとなる」という戦略目標のもと、情報テクノロジーを活用したヘルスケア事業に注力している。

さらに同社は、金融サービス、ヘルスケア、スマートシティや自動車サービス、不動産サービスを提供する出資・提携先企業を活用した新たな事業創出にも取り組む。これら事業で集めたビッグデータを、中国最大のインターネット医療健康管理サービスのプラットフォームを通じ、AIドクターによるユーザーの問診や医療アドバイス提供、医療機関予約、医薬品配送等を含むヘルスケア・医療サービスや診療所標準化管理サービスなどの構築・改善に活用している。

◎塩野義製薬-従来の既成概念に捉われない「ヘルスケアの未来を創造する」

塩野義製薬は今回の資本業務提携のコンセプトについて、「ヘルスケアの未来を創造すること」だと強調する。世界第1位の市場規模を誇る米国への注力度合いは引き続き維持するものの、「次なる10年」という意味で、成長著しい中国でのビジネスをいかに具体化するかが更なる成長へのカギとなる。同社は、「2020 年以降の姿とそれに向けた成長戦略をゼロベースで考える必要がある」と強調。その際のビジネスコンセプトとして、「従来の製薬産業という既成概念に捉われず、ヘルスケアの未来の創造に向けて、当社と違う強みを持った他社・他産業との連携を図り、社会に新たな価値を提供できるよう、多くの企業との対話を続け、協業の機会を模索してきた」と明かし、今回の中国平安保険との資本業務提携を決断するに至った経緯を強調した。

◎データドリブンの創薬・開発プラットフォーム構築 20年7月末に合弁契約書締結

塩野義製薬は同日の取締役会で、中国平安保険の子会社である中国平安人寿保険股份有限公司を割当予定先とする第三者割当による自己株式の処分を行うことを決議した。

資本業務提携の概要は、中国平安保険またはその子会社との間で合弁会社を設立する。想定する事業は、①データドリブンの創薬・開発のプラットフォームの構築、及びそれによる医薬品(新薬・ 後発薬・一般用医薬品)の創薬・開発、②AIテクノロジーによる製造・品質管理体制の構築および、それによる医薬品(新薬・後発薬・一 般用医薬品)の品質保証、③O2O を活用した販売・流通プラットフォームの構築、及びそれによる医薬品(新薬・後発薬・一般用医薬品)の販売・流通-など。

2020年7月末を目途に中国平安保険またはその子会社との間で合弁契約書を締結する予定。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
グーグル
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー