【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

東和 BS市場に参入 インフリキシマブBSをセルトリオンと共同販売7月1日から

公開日時 2020/07/02 04:50
東和薬品は7月1日、国内のバイオシミラー(BS)市場に参入すると発表した。韓国セルトリオン・ヘルスケア社が日本で製造販売している抗ヒトTNFαモノクローナル抗体製剤インフリキシマブBS点滴静注用100mg「CTH」を、東和も7月1日から販売する。東和はこれまでBSの取扱いについて検討してきたが、共同販売の形で参入することになった。同BSの先発品はレミケードとなる。

東和広報部によると、770人(4月時点)の全MRがBSを取り扱う。BS専任担当は配置していない。医療機関の求めに応じて、東和の営業所から直接納品することにも対応する。今後、BSの品揃えを増やすかどうかについては、「現時点で決まっていることはない」(広報部)としている。

同BSは関節リウマチ、乾癬、炎症性腸疾患などの自己免疫疾患が適応。セルトリオンは2017年から日本で販売している。セルトリオンは、東和と共同販売契約を締結した理由について、「流通に強みを持つ東和薬品とパートナーシップを組むことで、より多くの患者さんに本製品をお届けし、QOL向上に貢献できるようになるものと考える」としている。

セルトリオングループは韓国仁川(インチョン)市に本社を置くモノクローナル抗体のBS製造を中心とした総合ヘルスケアメーカー。12年に世界初のBSのモノクローナル抗体製剤・Remsimaを上市した。国内では、インフリキシマブBSやトラスツズマブBS(先発製品名:ハーセプチン)を販売している。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(3)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー