【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

ファイザー 肺がん治療薬ザーコリ 21年1月から単独展開へ メルクバイオファーマとのコ・プロ終了

公開日時 2020/10/08 04:50
ファイザーとメルクバイオファーマは10月7日、ALK/ROS1肺がん治療薬ザーコリカプセル200mg、同250mg(一般名:クリゾチニブ)のコ・プロモーションを2020年12月末で終了すると発表した。契約期間満了に伴うもの。21年1月以降は、製造販売元のファイザーが単独で情報提供・収集活動を行う。なお、製造・販売・流通はこれまで通りファイザーが行う。

親会社の米ファイザーと独メルクは14年11月、同剤に関するグローバル戦略提携を締結した。これに基づき、日本でも15年6月から20年12月末までの契約のもと同剤のコ・プロモーションを始めた。21年1月からのファイザーの単独展開に向けて、両社は「ザーコリのコ・プロモーション活動の移管を滞りなく進める」としている。

日本で同剤は、「ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の適応症で、ファイザーが12年3月に承認を取得、同年5月から販売を開始した。17年5月には、「ROS1融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん」の適応を追加した。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー