【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

日医・中川会長 「緊急事態宣言の全国発令も考えねば」 新型コロナに危機感、緊張感を

公開日時 2021/01/07 04:51
日本医師会の中川俊男会長は1月6日の定例記者会見で、政府が首都圏の1都3県を対象に緊急事態宣言を発令することについて、「今後の感染拡大の状況によっては、全国的な発令も考えなければならないかもしれない」と述べた。中川会長は、新型コロナは重症化率や死亡率などが風邪やインフルエンザなどと大きく異なると強調。改めて国民に、「新型コロナに慣れないでほしい。再び危機感、緊張感を持ってほしい」と訴えた。

菅首相が緊急事態宣言の発令を決めたことについて中川会長は、「この決断は、医療提供体制のひっ迫に瀕している医療にとって非常に大きな意義があると思う。日本医師会は高く評価する」と述べた。中川会長は菅首相に直接、コロナ病床のさらなる確保が難しいとして、「感染者の減少を図ることが最優先されると進言した」ことも明かした。

一方で、現在のステージ4(感染爆発)からステージ3(感染急増)に戻るなど、「結果が見えるようになるには相当時間がかかることを考えれば、その間に1都3県以外で感染者数が拡大して全国的に各地で緊急事態宣言が必要になることもあり得る」との見解を示した。

◎「現実はすでに医療崩壊だ」


医療提供体制については、「必要な時に適切な医療を提供できない、適切な医療を受けることができない、これが医療崩壊だ。現実はすでに医療崩壊だ」とも述べた。地域医療機関の機能分化・連携により、新型コロナと通常医療が両立できていると説明した。

新型コロナの患者を診ているのは一部の公立病院だけとの声が上がっていることに対し、「新型コロナの診療は、日常の診療に加えて、かつ役割分担のもとに行われている。新型コロナの患者が増加すれば、その分、通常の診療が圧迫される。全ての医療機関で日常診療と同時に新型コロナを診ることは、さらなる感染拡大につながり、クラスターの発生など医療現場に大きな混乱を来す」と指摘。改めて地域での機能分化の必要性に理解を求めた。

◎国会議員 夜の会食「全面自粛」しては

このほか、国会議員に対しては、「夜の会食を人数にかかわらず全面自粛してはどうか」と提案した。「国会議員に範を示していただきたい。隗より始めよ、だ。4人以下の会食なら感染しないというのは、間違いだ」と述べた。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー