【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

IQVIAジャパン 新型コロナワクチン「高齢者以外で基礎疾患を有する」接種者は全国で1330万人と推計

公開日時 2021/03/30 04:52
IQVIAジャパングループは3月29日、新型コロナワクチンの接種対象となる「⾼齢者以外で基礎疾患を有する⽅」が日本全体で1330万人に及ぶとの推計値を発表した。疾患別では⾼⾎圧、糖尿病、喘息の順に対象者数が多く、これだけで約900 万⼈規模。都道府県別では、東京都が最も多く154万2000人で、次いで大阪府100万7000人、神奈川県85万2000人と続く。最も少ないのは鳥取県の6万3000人。同社は都道府県別にみた接種対象者の推計値を公表することで、ワクチン接種の実施主体となる市区町村に対し、推計⼈数の算出などをサポートする方針だ。

新型コロナのワクチン接種は、医療従事者、高齢者、基礎疾患を有する方の順に自治体が実施する。IQVIAは「⾼齢者以外で基礎疾患を有する⽅」の推計にあたり、匿名加⼯された全国 309 万⼈のレセプトデータ等をもとに、2019年12⽉~20年11⽉までの 1 年間におおける基礎疾患の状態や治療の状況を加味し、16~64 歳までの対象者数を推計した。なお、複数の疾患を併発している場合には重複分を除外した。

基礎疾患を有する⽅の範囲は以下の通り。①慢性の呼吸器の病気、② 慢性の⼼臓病(⾼⾎圧を含む。)、③慢性の腎臓病、④慢性の肝臓病(肝硬変等)、⑤インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病⼜は他の病気を併発している糖尿病、⑥⾎液の病気(鉄⽋乏性貧⾎を除く)、⑦免疫の機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)、⑧ステロイドなど免疫の機能を低下させる治療を受けている、⑨免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患、⑩ 神経疾患や神経筋疾患が原因で⾝体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)、⑪ 染⾊体異常、⑫重症⼼⾝障害(重度の肢体不⾃由と重度の知的障害が重複した状態)、⑬睡眠時無呼吸症候群-で通院または入院患者。このほか基準(BMI 30 以上)を満たす肥満の方と、重い精神疾患や知的障害がある⽅も含めた。

このほかBMI 30以上を満たす肥満の⽅の抽出は、国⺠健康・栄養調査をもとに16 ~64歳までの対象者数を推計。重い精神疾患や知的障害がある⽅については、同じ年齢の範囲内で、精神障害者保健福祉⼿帳または療育⼿帳を保有されている⽅を選んだ。

◎厚労省試算は20~64歳で1030万人 IQVIAは16歳以上で推計 対象者数上回る

なお、厚労省が3月18日の厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会予防接種基本方針部会に示した資料では、「⾼齢者以外で基礎疾患を有する⽅」は日本全国で1030万人と推計しており、今回のIQVIAが示した推計値より人数が下回る。この理由は、IQVIAが16歳から64歳までを推計したのに対し、厚労省は20歳~64歳までを対象としている。今回のワクチン接種対象は、接種する日に16歳以上となっていることを想定しているため、IQVIAの推計した日本全国で1330万人の方がワクチンの調達量として現実味が高い数値と言えそうだ。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(9)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー