【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

持田製薬 21年3月期決算 消化器領域3薬が好調で増収増益

公開日時 2021/05/17 04:49
持田製薬は5月14日、2021年3月期(2020年度)の連結業績について、売上高が前年度比1.2%増の1029億9500万円、営業利益が36.3%増の120億300万円の増収増益だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の影響による受診抑制や20年4月実施の薬価改定の影響はあったものの、新薬の潰瘍性大腸炎治療薬・リアルダと慢性便秘症治療薬のグーフィス、モビコールの売上高が伸び、業績を支えた。

業績をけん引したのは、重点領域に位置付けている消化器領域で、リアルダは前年同期比21%増の109億円、グーフィスは31%増の49億円、モビコールは87%増の35億円とそれぞれ成長した。また月経困難症治療薬・ディナゲストも39%増の22億円と売上に寄与したほか、後発品事業も業績を牽引した。バイオシミラーの関節リウマチ治療薬「エタネルセプトBS「MA」が伸長したほか、19年11月に発売した骨粗鬆症治療薬「テリパラチドBS 「モチダ」」の売上も寄与した。今期から売上計上された痛風・高尿酸血症治療薬ユリスは2億円を売り上げた。同社では、初年度は6億円の売り上げを見込んでいたが、新型コロナウイルス感染症の拡大によるMRの医療機関への訪問自粛の影響で、新製品の浸透が困難だったと説明している。

一方、薬価改定や後発品浸透の影響を受け、売上が減少した製品も多かった。同社のトップ製品である抗うつ薬・レクサプロの売上高は6%減の155億円。また長期収載品の高脂血症・閉塞性動脈硬化症治療薬・エパデールは16%減の101億円、慢性疼痛・抜歯後疼痛治療薬・トラムセットは40%減の42億円、降圧薬・アテレックは15%減の39億円となった。

2022年3月期は売上高前年同期比1.5%減の1015億円とほぼ横ばいと計画する。営業利益は80億円で33.4%減と2桁減益を見込む。研究開発投資を積極的に進めたい考えで、研究開発費135億円(同24.4%増)を計画したことが影響している。親会社帰属純利益は60億円(同30.1%減)の見込み。

製品別では、引き続き消化器領域に期待を寄せる。グーフィスは34%増の66億円、モビコールは11%増の38億円との見込み。新薬のユリスは822%増の22億円を計画している。一方でトラムセットは27%減の31億円、アテレックは29%減の27億円、エパデールは18%減の83億円の見込み。薬価改定や後発品浸透の影響を受け、医薬品事業全体の売上は減少すると予想している。

【連結業績(前年同期比) 21年度予想(前年同期比)】
売上高 1029億9500万円(1.2%増) 1015億円(1.5%減)
営業利益 120億300万円(36.3%増) 80億円(33.4%減)
親会社帰属純利益 85億8700万円(86.8%増) 60億円(30.1%減)

【20年度主要製品国内売上高(前年同期実績) 21年度予想、億円】
レクサプロ 155(165)147
リアルダ 109(90)112
エパデール 101(121)83
グーフィス 49(37)66
トラムセット 42(71)31
アテレック 39(45)27
モビコール 35(18)38
ドキシル 30(28)26
ディナゲスト 22(16)20
トレプロスト 16(19)17
ヘパリンNa 13(14)13
ベセルナ 10(10)10
フロリード 9(10)10
ユリス 2(―)22
後発品 256(233)249
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー