【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

武田薬品 新興国の医療環境改善プログラムに新たに4団体を選出 

公開日時 2021/09/27 04:49
武田薬品は9月24日、新興国の医療環境の改善を支援するグローバルCSRプログラムに新たに4団体を選定したと発表した。2016年の発足以来、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた取り組みの一環として毎年行っている。今回は、アフリカで医療従事者の育成を行う団体や、インドで妊産婦・新生児対象の医療エコシステムの修復などを行う4団体に計41億4300万円を拠出する。

今回選定された団体は以下のとおり。
IntraHealth International:アフリカのマリ、セネガル、ニジェールの私立学校12校と提携し、深刻な医療従事者不足に直面している農村地域に貢献できる看護師を増やすことを目指す。今後5年間で、カリキュラムを強化し、効果的な学習方法を確立して、適切な学びの環境とシステムを整備することで、十分なサービスを受けられなかった地域出身の学生を卒業させる。拠出金額は9億5300万円。

Jhpiego:インドの断片的な母子保健エコシステムの改善を支援。今後5年間で、妊産婦の健康に関する継続的・縦断的な追跡プラットフォームを開発し、産前、分娩時、産後のケアにおいて、母子を中心とした協調的なアプローチを促進し、ケアの分散化やハイリスク妊娠の早期発見に繋げる。拠出金額は8億9000万円。

Pathfinder International:気候変動や緊急事態が女性の健康に与える不均衡な影響に対応するために、女性と少女たちのリーダーシップを強化するプログラムを推進する。南アジアと東南アジアで4年間展開。拠出金額は10億円。

国連WFP:ガーナのアクラにある国連人道支援物資備蓄庫(UNHRD)の収容能力を強化することで、西アフリカの17か国で温度に敏感な医療製品をより効率的に受け入れ、保管、輸送できるようにする。地域の物流ナレッジセンターを設立し、サプライチェーンの専門家や中央政府が最高レベルのサプライチェーンの実践トレーニングを受けることにより、医療の緊急事態への対処により良く備えられるようにする。拠出金額は13億円。

武田薬品の大薮貴子チーフ グローバル コーポレート アフェアーズ オフィサーは、「重要かつニーズの高いプログラムに携わることができ、大変光栄に思う。新たなパートナーは、保健システムが今日直面している地域特有の課題に対応し、未来に向けて備える力を地域社会にもたらす意義深い活動をされている」とコメントしている。

プログラムは、途上国・新興国における疾病予防および医療アクセスの向上により、人々の健康に貢献することを目的に支援を行っているもの。今回は、全世界の全従業員のうち約2万2000人が投票に参加して、団体を選定した。同社によると、2016年度のプログラム発足以降、72か国で展開する全20プログラムに、総額165億円が拠出されている。これにより、584万人以上を直接的に支援したほか、医療従事者3万2000人以上に対してトレーニングを実施。また、地域社会の570万人以上に対し、目的に応じた医療教育の提供や、数百万人の子どもへの予防接種を行ってきたという。同社では、プログラムを通じて2027年までに、1840万人に対して直接的な支援を行うことを目指している。

プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー