【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

GE薬協 会員各社の供給調整品目数でリスト公開 合計1749品目 沢井製薬467品目、東和薬品385品目

公開日時 2021/10/04 04:51
日本ジェネリック製薬協会(GE薬協)は10月1日、会員各社ごとの供給調整品目数をホームページ上に公開した。公開した供給調整品目の合計は1749品目。品目数の多い企業をみると、沢井製薬が467品目、東和薬品385品目、日医工250品目、ニプロ175品目、共和薬品149品目、長生堂製薬82品目などとなっている。掲載情報の更新日は各社ごと異なるが、GE薬協としては月2回のペースでアップデートした情報を公開することにしている。

GE薬協は、特設サイト「ジェネリック医薬品に対する信頼の回復に向けた当協会の取組み」の情報に、①会員各社の情報公開状況、②会員各社の供給調整状況-に関するコーナーを新設した。会員各社の情報公開状況は、IF共同開発、製剤製造企業名、自社サイトでの掲載有無、原薬製造国、製造管理・品質管理への取り組み、安定供給体制等を指標とした情報提供-などの情報の掲載の有無や掲載先URL、掲載形式などを一覧表にまとめたもの。GE薬協のホームページ上から各社にリンクしており、必要な情報にダイレクトでアクセスできる。

◎会員各社の供給調整状況 品目数、情報更新日、リンク先など一覧掲載

会員各社の供給調整状況については、供給調整品目数、品目一覧の有無、情報更新日、リンク先、関連情報ホームページのリンク先などを一覧できるリストとして掲載している。こちらもGE薬協のホームページ上から各社の情報に直接アクセスすることができる。現在は10月1日時点の情報が掲載されており、今後は月2回のペースでアップデートする予定。

◎「原薬取り違え防止対策事例調査」でフォローアップ


このほかGE薬協は10月1日付で、「原薬取り違え防止対策事例調査」のフォローアップをホームページ上に掲載した。7月9日付で公開した「適正な原料の出納の記録・確認」に関して、「B評価(軽微な改善点あり)」が4施設で認められたことへの対応を示したもの。GE薬協として4施設に対して改善を求め、9月末までにすべての対応が完了したとしている。


プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(6)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー