【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

バイエル薬品 2型糖尿病合併CKD治療薬・ケレンディア錠を発売 MR拮抗薬で初の適応

公開日時 2022/06/03 04:50
バイエル薬品は6月2日、2型糖尿病を合併する慢性腎臓病(CKD)治療薬・ケレンディア錠10mg、同錠20mg(一般名:フィネレノン)を発売した。同剤は非ステロイド型選択的ミネラルコルチコイド受容体(MR)拮抗薬で、2型糖尿病合併CKDの適応を持つ唯一のMR拮抗薬となる。薬価は10mg1錠149.10円、20mg1錠213.10円。同社は9年後のピーク時売上を264億円と予測している。

効能・効果は、「2型糖尿病を合併する慢性腎臓病。ただし、末期腎不全又は透析施行中の患者を除く」――。同剤は1日1回経口投与で用いるが、用量は▽eGFRが60mL/min/1.73m2以上:20 mg、▽eGFRが60mL/min/1.73m2未満:10mgから投与を開始し、血清カリウム値、eGFRに応じて、投与開始から4週間後を目安に20mgへ増量する。

2型糖尿病を合併するCKDの進行は、血圧などの血行動態、血糖コントロール不良などの代謝に加え、炎症や線維化が要因として知られている。2型糖尿病合併CKD 患者の心血管や腎臓の障害を抑制するためには、血行動態や代謝だけでなく、MRの過剰活性化が関与する炎症や線維化への介入が必要とされている。同剤はMRに選択的に結合し、炎症や線維化を引き起こすMRの過剰活性化を抑えることにより、心血管および腎臓の障害を抑制する。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー