【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

小野薬品 国内スタートアップ「EME」と提携 新規VHH抗体医薬品の創製で

公開日時 2024/02/22 04:50
小野薬品は2月21日、スタートアップのEpsilon Molecular Engineering(本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:根本直人、以下「EME」)と、革新的なVHH抗体医薬品の創製を目的とした創薬提携契約を締結したと発表した。

EMEは同社独自のヒト化VHH抗体スクリーニングプラットフォームである「The Month」を活用し、小野薬品が指定する複数の創薬標的に対する新規ヒト化VHH抗体を取得する。小野薬品はEMEが取得したヒト化VHH抗体に対して各種の活性評価試験を実施し、抗体医薬品候補の創製および開発を行う。また、小野薬品は抗体医薬品候補を全世界で独占的に開発・製造・商業化するオプション権を得た。

小野薬品はEMEに対し、契約一時金、研究・臨床開発の進捗に応じたマイルストンを支払う。

VHHは、ラクダ科動物の持つH鎖のみで構成される抗体(一本鎖重鎖抗体)の可変領域(ドメイン)のこと。通常の抗体と比較して安定性や修飾性に優れているとされる。

EMEは2016年から進化分子工学を基盤技術として革新的なモダリティ医薬品開発を行っているスタートアップ企業。独自のスクリーニング技術や分子設計手法を強みに、次世代抗体医薬品、診断薬、再生医療用試薬の開発等、医療分野を中心とした共同研究活動を行っている。

「The Month」は、cDNA display技術を基盤としたハイスループットな抗体スクリーニングプラットフォームで、独自のヒト化VHH抗体人工ライブラリーと組み合わせることで、従来法では抗体取得が困難であった標的に対し、数多くのVHH抗体を1カ月程度で取得することができるという。本ライブラリーは、10兆から100兆の膨大なライブラリーサイズを有し、従来の抗体とは異なる抗原認識を示すVHH抗体の構造的特性を最大限に反映されるよう設計されている。
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き
【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(1)

1 2 3 4 5
悪い   良い
プリント用ロゴ
【MixOnline】誘導記事

一緒に読みたい関連トピックス

記事はありません。
ボタン追加
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー