抗凝固薬リクシアナと高アンモニア血症改善薬リフキシマ 取り違え注意 死亡例も

公開日時 2017/10/30 03:50
  • Twitter
  • 印刷

第一三共とあすか製薬は、経口凝固薬リクシアナ錠(第一三共)と、高アンモニア血症治療薬リフキシマ錠(あすか製薬)について、名称が類似していることによる薬剤取り違えが起きたとして、医療従事者向けに文書を作成し注意を呼びかけている。リフキシマ錠を投与すべき肝性脳症の患者に、誤ってリクシアナ錠が調剤され、通常用量を超えたまま複数回投与され、消化管出血が発現、死亡したケースが1件報告されているという。

死亡例の詳細は開示していない。両社は、販売名、効能・効果、用法・用量を確認することと共に、薬剤オーダリングシステムを使用する場合、「販売名の前に薬効を記載する等の予防策を検討する」といって予防策を検討するよう求めている。取り違えの注意文書は10月25日、医薬品医療機器総合機構の「PMDAメディナビ」を通じても配信された。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

7月号特集
(Promotion)

国内市場変貌 迫られる生産性改革

製薬ビジネスモデル転換の時

 

 

7/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/