三和化学 DPP-4阻害薬スイニーとメトホルミンの配合剤を承認申請

公開日時 2017/11/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷

三和化学研究所は11月6日、2型糖尿病治療薬としてDPP-4阻害薬スイニー錠(一般名:アナグリプチン)とメトホルミン塩酸塩の配合剤を同日に承認申請したと発表した。治験では、スイニーまたはメトホルミンのいずれかの単独投与による治療で十分な効果が得られない患者を対象に実施した。同社は2種類の薬剤を1剤にすることで患者の服薬負担が軽減され、服薬アドヒアランスが向上することを期待する。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/