【速報】薬価本調査 平均乖離率約9.1% 内用薬は10.1%

公開日時 2017/12/06 09:00
  • Twitter
  • 印刷

厚労省は12月6日午前の中医協に、医薬品価格調査(=薬価本調査)の2017年9月取引分の速報値の資料を示した。薬価と市場での取り引き価格との開きを示す平均乖離率は約9.1%だった。調整幅2%を差し引くと、2018年4月の薬価改定では、この市場実勢価に基づく通常改定分だけで平均7.1%の薬価引き下げとなる。前回15年調査での平均乖離率は約8.8%であり、今回0.3ポイント拡大した。今後は、制度化が検討されている新薬創出等加算の企業要件や対象品目、費用対効果評価の試行的導入による薬価引き下げなど詳細を詰めることになる。

本文末尾の関連ファイルに、2007年以降の医薬品価格調査(=薬価本調査)の速報結果の推移を掲載しました。12月6日のみ無料公開、その後はプレミア会員限定コンテンツになります。


17年調査による投与形態別の乖離率は、内用薬10.1%(前回15年調査結果=9.4%)、注射薬7.2%(7.5%)、外用薬8.2%(8.2%)。


主要薬効群別の乖離率は以下のとおり(カッコ内は15年調査)。
内用薬:▽血圧降下剤13.3%(11.4%)▽糖尿病用剤10.6%(10.3%)▽その他腫瘍用薬6.6%(7.1%)▽精神神経用剤10.8%(8.5%)▽他に分類されない代謝性医薬品9.5%(9.1%)▽高脂血症用剤12.7%(12.0%)▽消化性潰瘍用剤13.1%(13.3%)▽その他の中枢神経系用薬9.5%(9.9%)▽抗ウイルス薬5.8%(4.1%)▽その他のアレルギー用薬14.5%(12.3%)

注射薬:▽その他の抗腫瘍薬6.0%(6.9%)▽他に分類されない代謝性医薬品7.8%(8.6%)▽血液製剤類3.6%(4.1%)▽その他のホルモン剤(抗ホルモン剤含む)8.4%(8.0%)▽その他の消化器官用薬8.1%(不明)

外用薬:▽眼科用剤7.8%(8.6%)▽鎮痛・鎮痒、収斂、消炎剤9.3%(9.3%)▽その他の呼吸器官用薬7.6%(7.5%)

なお、今回後発医薬品の数量シェアも併せて公表し、約65.8%(約56.2%)だった。
 

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(8)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

12月号特集
(Promotion)

デジタル活用で成功するMR流仕事術

訪問頻度の減少をチャネルでカバーせよ!

 

 

12/1発行

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/