エムスリー 米NVIDIAと「医療×人工知能」を加速させる包括プログラムを開始

公開日時 2018/02/07 03:50
  • Twitter
  • 印刷

医療従事者専門サイトを運営するエムスリーは2月6日、米国カリフォルニア州に本社を置くNVIDIAと医療×人工知能(AI)分野で共同の包括プログラムを開始したと発表した。医療分野において、臨床上の課題をAIの活用で解決しようとする医師や医療機関、さらに革新的な取り組みを行う新興企業に対し、画期的な製品やサービスが提供されるよう支援する。


NVIDIAは、コンピュータのグラフィック処理や演算処理の高速化を主な目的とするGPU(グラフィックス・プロセシング・ユニット)を開発する世界的なリーディングカンパニー。今回エムスリーと共同で行う「Medical×AI Inceptionプログラム」では、①資金援助、②ミートアップの場の提供、③GPUの活用支援、④M3AIラボの各サービスの提供―などを行う。


一方、エムスリーは2017年4月にM3AIラボを発足させ、画像診断を含めたAI医療機器の開発支援など先端医療分野での事業拡大を進めていた。今回の包括プログラムでは、臨床での課題を捉えた製品やサービスのアイデアを持つ医師や医療機関と、AI開発技術を持つ企業が対面できるミートアップの場の提供などを行う。


さらに、対象となるプロジェクトや企業に対し、医療ビッグデータの収集と教師データ作成支援、臨床試験・製造販売承認申請支援、製品マーケティング支援、プログラム・企業のPR支援などをM3AIラボのサービスを優待価格で提供する。エムスリーは、先端医療分野への取り組みを第3の成長レバーと位置づけており、今回のNVIDIAとの包括プログラムを通じ、AI領域での事業展開をさらに加速させる考え。

 


 

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

  

7月号特集
(Promotion)

国内市場変貌 迫られる生産性改革

製薬ビジネスモデル転換の時

 

 

7/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/