塩野義 ADHD薬インチュニブ錠、成人適応追加で承認申請

公開日時 2018/08/13 03:51
  • Twitter
  • 印刷

塩野義製薬8月10日、注意欠陥/多動性障害(ADHD)治療薬インチュニブ錠 1mg(一般名:グアンファシン塩酸塩)に成人適応を追加する承認申請を同日付で行ったと発表した。同剤は、小児適応で2017年に承認を取得し、同年5月に発売されている。今回は18歳以上の患者に対しプラセボ対照に治験を行い、有意な改善を確認した。

同剤は、塩野義が販売し、シャイアー・ジャパンと共同販促している。シナプスに存在する受容体を介してノルアドレナリン作動性神経を活性化することで症状を改善する非中枢神経刺激薬。この作用機序である「選択的α2Aアドレナリン受容体作動薬は、ADHD治療薬としては初めて。1日1回投与。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(5)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/