久光 原発性局所多汗症用貼付剤HP-5070のP2開始 20年度中にP3へ

公開日時 2018/10/23 03:50
  • Twitter
  • 印刷

久光製薬は10月22日、経皮吸収型の原発性局所多汗症治療薬として開発中のHP-5070(開発コード)の国内フェーズ2(P2)試験を開始したと発表した。プラセボ対照の二重盲検比較試験を行い、有効性、安全性を検討し、血漿中薬物濃度を確認する。この開発品を公表したのは今回が初めて。

2020年度中のP3開始を目指すとしている。

P2試験では、原発性局所多汗症と診断された18歳以上の患者を対象とする。▽続発性多汗症の患者▽更年期障害により多汗の症状がある患者▽多汗症に対し外科手術を実施したことのある患者――は除く。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

11月号特集
(Promotion)

働き方改革が製薬企業の未来を創る

ヘルスケア産業への試金石 モノからコトへ

 

 

11/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/