第一三共 HER2低発現乳がんで「DS-8201」のフェーズ3開始

公開日時 2019/01/16 03:50
  • Twitter
  • 印刷

第一三共は1月15日、開発中のHER2に対する抗体薬物複合体「DS-8201」について、化学療法による前治療を受けたHER2低発現の再発・転移性乳がん患者を対象にグローバルフェーズ3を開始したと発表した。乳がん患者全体の4割以上に低レベルのHER2が発現している(HER2低発現)とされるが、現在の標準治療ではHER2陰性に分類され、ホルモン受容体の状態により治療を決定している。そのため現在、HER2低発現の乳がん患者を対象に承認されている抗HER2療法はないという。

試験名は「DESTINY-Breast04」で、主要評価項目は無増悪生存期間に、化学療法群を対照に比較検証する。北米、西欧、日本を含むアジアなどにおいて最大540人以上の患者を登録する予定としている。

抗体薬物複合体は、抗体医薬と低分子医薬を結合させたもので、がん細胞に発現している標的因子に抗体医薬が結合し、それを介して低分子医薬をがん細胞へ直接送達し、がん細胞への攻撃力を高めるとされる薬剤。再発・転移性のHER2陽性乳がんに対する治験は既にフェーズ3(試験名:「DESTINY-Breast03」)が18年10月から行われている。

 
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(2)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/