医薬品卸 10連休中の医薬品供給体制で調査・検討に着手

公開日時 2019/01/22 03:51
  • Twitter
  • 印刷

医薬品広域卸各社は、新天皇の即位に伴う10連休中の医薬品供給体制に向け調査、検討に動き始めた。まず地域の医療機関などの稼働状況の把握から始め、供給体制上の課題を洗い出し、具体的な人員配置などを詰め安定供給体制を検討する。

アルフレッサホールディングス(HD)は、得意先の稼働状況等の情報収集を始めたところという。「グループ各社とも得意先の稼働状況に応じて対応し、医療用医薬品流通に影響を与えないようにしていく」としている。

メディパルHDも「安定供給を継続することが大前提であるという姿勢に変わりなく、地域の医療機関や調剤薬局の対応等状況把握に努めた上で、具体的に検討していくことになる」としている。

スズケンは、各関連部署による会議の場を近く設け、体制整備に向け検討に着手する。「医療機関、薬局の状況、製薬企業との調整を踏まえ、安定供給を大前提に配送体制を整えていく」という。

10
連休中の対応については厚生労働省医政局、医薬・生活衛生局、社会・援護局障害保健福祉部は1月15日、各都道府県宛に通知し、「医療機関等と卸売販売業者等において適切に情報共有・連携を図るよう」指示。それらを受け日本医薬品卸売業連合会(卸連)は翌16日、会員社社長らに対する事務連絡で、都道府県やメーカーと連携を図りながら対応するよう求めていた。

関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

この記事はいかがでしたか?

読者レビュー(4)

1 2 3 4 5
悪い   良い

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

2月号特集
(Promotion)

働き方改革やデジタルに翻弄される医師

情報アクセスで工夫 MRカラー消失に苦言

 

 

2/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/