インフルエンザ治療薬 ゾフルーザ急拡大

公開日時 2019/02/28 00:00
  • Twitter
  • 印刷
2018-19年シーズンは過去20年で最大の流行を記録したインフルエンザ。一方で、新規作用機序の抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(一般名・バロキサビル)が使い勝手の良い新薬として連日、テレビ、新聞、インターネットなどで紹介されている。医師の処方が報道に左右されることは想像しにくいが、患者の同剤に対する関心や認知は高まる。そこで今回は、18-19年シーズンの各抗インフル薬の実処方がどのような状況だったのか、直近18年12月データで紹介する。いつも通り、調剤レセプトから実際の処方動向を把握・分析する医療情報総合研究所(JMIRI、読み:ジェイミリ)のデータを用いる。調剤薬局データのため、点滴静注製剤のラピアクタ(同ペラミビル)は集計・分析から除き、ゾフルーザ、タミフル(同オセルタミビル)、イ...
関連ファイル

関連するファイルはありません。

 

プレミアコンテンツのご案内

プレミアコンテンツ

医薬ランキング

医薬ランキング

医療費、製薬企業業績、MR数などのデータ集。

サンプル記事のご紹介
薬剤採用・新規処方アンケート

薬剤採用・新規処方アンケート

毎月、臨床医、病院薬剤部へアンケートを実施。

サンプル記事のご紹介
 
限定プレミアデータ

限定プレミアデータ

Monthlyミクスに掲載しきれなかったデータや詳細情報。

サンプル記事のご紹介
ドクターリサーチ

ドクターリサーチ

医師のインサイトを調査。

 
企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別・疾患別パイプラインリスト

企業別、疾患別のパイプラインリストを掲載。

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

 

コンテンツの続きは、プレミア会員の方のみ閲覧することができます。

※会員の方はユーザー名とパスワードを入力ください。

読者レビュー(0)

 

 

広告

広告

広告

広告

広告

広告

市場に密着した医薬情報&マーケティング誌

 

3月号特集
(Promotion)

将来不安を抱く若手MRが増大 業界に影落とす

医療環境の変化で医師とMR間にギャップ拡がる

 

 

3/1発行

バックナンバー

 

ミクス編集部のtwitter

 

ミクスOnlineのモバイルサイトは下記QRコードよりアクセスしてください

QRコード

http://mobile.mixonline.jp/