記事一覧名

推奨記事一覧

鈴木財務相 22年度診療報酬改定「リフィル処方箋は譲れなかった」 グローバル市場で戦える製薬産業に (22/01/14)
22年度厚労省予算案 一般会計総額33兆5160億円 薬価は国費1553億円抑制 後発品の信頼確保1.4兆円 (21/12/27)
日医・中川会長 本体+0.43%「厳しい国家財政の中、率直に評価」 リフィル処方箋は中医協に期待 (21/12/23)
22年度診療報酬改定 本体改定率プラス0.43%、実質本体はプラス0.23%で最終調整 リフィル処方導入へ (21/12/20)
22年度診療報酬改定 改定率はプラス0.43%で最終調整 (21/12/19)
日医・中川会長 22年度診療報酬改定「プラス改定でなければ医療が壊れる」 与党議員の動きに手応えも (21/12/16)
22年度診療報酬改定 「改定率」めぐり与党の動き活発化 実質本体のマイナス幅押し戻しも (21/12/13)
22年度診療報酬改定 看護師の処遇改善等を除く「実質本体」で調整続く 本体マイナスめぐりギリギリの攻防 (21/12/10)
22年度診療報酬改定 財務は実質マイナス姿勢崩さず 看護職員処遇改善と不妊治療で0.5%相当分の財源確保 (21/12/09)
湿布薬の処方枚数制限「35枚まで」との声も 診療側で意見割れる 診療側・有澤委員「適正化も一つの方策」 (21/12/09)
中医協総会 分割調剤で「一定期間内の処方箋の反復利用」に前進 医師と薬剤師の連携で (21/12/09)
22年度診療報酬改定 診療側・城守委員「プラス改定しかあり得ない」 支払側は水準の戻りを指摘 (21/12/06)
【速報】21年9月薬価本調査 平均乖離率は約7.6% 談合疑いで当該卸6社と国病機構の取引データは除外 (21/12/03)
諮問会議で鈴木財務相 22年度改定は「“医療提供体制改革なくして診療報酬改定なし”の姿勢で臨む」 (21/11/26)
医療経済実調の結果公表で「改定率」論議が本格化 日医・中川会長「現場はコロナで疲弊」プラス改定求める (21/11/25)
日医・中川会長 財政審は「領空侵犯」 薬価の「調整幅」変動させることは難しい (21/11/18)
日医・中川会長 22年度診療報酬改定「躊躇なくプラス改定だ」 医療関連41団体が改定財源確保を決議 (21/11/10)
厚労省保険局 次期改定の論点「外来化学療法を実施する患者からの相談・緊急受診への対応を評価」へ (21/10/25)
厚労省 コロナ診療で特例評価拡充 ロナプリーブ投与「外来」は点数3倍、「自宅・宿泊療養者」は5倍 (21/09/29)
日本医師会の税制改正要望 消費税負担の大きな医療機関「軽減税率による課税取引」に見直し検討を (21/09/02)
12345678910...
バナー

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー
バナー(バーター枠)

広告