【MixOnline】記事一覧2
患者体験が生み出す新たな医療の姿
顧客体験を活かす大日本住友製薬の挑戦

VRで医師と患者をつなぐ世界を創る

2021/05/01
「ソーシャルグッド(Social Good)」という言葉を耳にする機会が増えてきた。ソーシャルグッドとは、地球環境や地域コミュニティなどの「社会」に対して良いインパクトを与える活動や製品、サービスの総称を指す。
医薬品を超えたヘルスケアソリューションを実現
エーザイ・内藤CEOが描く未来像

Beyond the pillを通じ、価値創造を目指す

2021/05/01
医薬品の枠を超えたヘルスケアソリューションを実現する――。製薬企業各社が、いま最も熱い視線を注ぐ分野だ。デジタル技術の進展に伴い、医療は患者個々に見合う“個別化医療の実現”に舵を切った。
患者アウトカム最大化、重症化予防の実現に前進
「Astellas Rx+Day」開催

患者アウトカム最大化 コア・ビジネス化も視野

2021/05/01
「これまでアステラス製薬は自らをクスリによる治療という極めて限定された領域に閉じ込めてきた。しかし、2018年に開始した“Rx+”事業への挑戦は、ペイシェントジャーニーの全体をend to endでカバーし、これまでクスリが出来なかったこと、クスリには難しかったことを別の違う技術との融合によってソリューションを考え、様々な価値を創造し、提供しようと考えている」――。
VRゴーグルを通じて見えたMRの活躍の場

VRゴーグルを通じて見えたMRの活躍の場

2021/05/01
デジタルトランスフォーメーション(DX)華やかし時代となった。医薬品の営業・マーケティング活動はどう変わるのだろうか。今回の特集では大日本住友製薬のVRを活用した顧客体験の取り組みを紹介した。
小林化工が引鉄を引いた業界再編への流れ
小林化工問題

引鉄を引いた業界再編への流れ

2021/05/01
「売上中心で出荷優先の意識が全社にあった」――。小林化工の小林広幸社長は4月16日、福井県あわら市の本社で会見に臨み、こう語った。生産部門だけでなく、研究開発部門でも横行した不正の数々には目を覆いたくなるものがあるが、根底にはジェネリックビジネス特有の構造的課題が見え隠れする。
売上中心で出荷優先の意識が全社にあった
小林化工の会見で語られたこと

出荷優先の意識が会社にあった

2021/05/01
「有望なジェネリック製剤については、多くのメーカーが製造販売に向けて開発に凌ぎを削る中で、特許切れ後すぐに承認をとろうとしたことがこうした不適切な行為の背景にあった」――。
後発医薬品の安心を取り戻すことが振興策
厚労省医政局経済課 林俊宏課長

後発品の安心を取り戻すことが振興策

2021/05/01
「安定確保や品質確保ができるところ(企業)のみ残っていくことが大前提だ。後発医薬品の安心を取り戻せる方向に向かわせることこそが産業振興策だと思っている」――。厚生労働省医政局経済課の林俊宏課長はこう話す。
高度医療の地域完結に前進も、医師養成は道半ば
魚沼基幹病院の現状と展望

「地域全体でひとつの病院」実現へ“再々編”も視野

2021/05/01
魚沼二次医療圏になかった3次救急や高度急性期医療を担うべく2015年、新潟県南魚沼市に新設された魚沼基幹病院。全国的にも医師が少ないこの地で、複数公立病院の再編および高度急性期病院の建設は、地域医療構想の魁として全国的に注目を集めた。
3月末の医薬品情報チャネルの合計DTL数 20年1月水準まで回復
3月末のチャネル別DTL数

病院市場はMRにネットが迫る勢い

2021/05/01
2021年3月末時点の各種医薬品情報チャネルによる合計ディテール数(DTL数)をみたところ、コロナ流行前の20年1月の水準まで回復していることがわかった。
後発医薬品の安心を取り戻すことが振興策
厚労省医政局経済課 林俊宏課長

後発品の安心を取り戻すことが振興策

2021/04/26
「安定確保や品質確保ができるところ(企業)のみ残っていくことが大前提だ。後発医薬品の安心を取り戻せる方向に向かわせることこそが産業振興策だと思っている」――。厚生労働省医政局経済課の林俊宏課長はこう話す。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー