【MixOnline】記事一覧2

制度/政策

決定樹モデルからHTAにおける情報の価値を考える
クレコンメディカルアセスメント 小林慎

決定樹モデルからHTAにおける情報の価値を考える

2020/09/30
追加的な情報収集によって意思決定に伴う不確実性を減らすことができるかもしれませんが、そのためのコストを考えることも必要です。決定樹モデルを使うと、追加的な情報収集の価値を評価することもできます。
感染症で決定樹モデルの費用効果分析を学ぶ
分析ガイドライン入門~(9)モデリング③ 決定樹モデルによる費用効果分析

感染症で決定樹モデルの費用効果分析を学ぶ

2020/08/31
決定樹モデルは見た目のわかりやすさから簡単に思われがちですが、実は実際の分析はそれほど簡単ではありません。今回は決定樹モデルを使った費用効果分析を紹介します。
”MRの格差問題”は存在するか

”MRの格差問題”は存在するか

2020/08/31
新型コロナウイルス感染症の感染者数が再び増加したことに伴い、普段とは異なる夏を過ごした。今秋には新型コロナとインフルエンザの同時流行を迎えるとの観測もあり、医療関係者や患者を受入れる病院は早くも臨戦態勢に入った。
健康寿命を延伸する新薬開発~次なるステージへ
健康寿命を延伸する新薬開発

次なるステージ

2020/07/31
医薬品開発も革新的バイオ医薬などモダリティーの多様化に製薬企業が対応する時代を迎えた。2000年初頭から抗体医薬や生物学的製剤の開発競争が始まり、もはや核酸医薬などゲノム領域での創薬技術の獲得でしのぎを削る時代に入った。
決定樹モデルでモデル分析の基本を学ぶ
クレコンメディカルアセスメント 小林慎

決定樹モデルでモデル分析の基本を学ぶ

2020/07/31
日本版HTAでは様々な種類のモデルが使われますが、決定樹モデルにはモデル分析の基本が詰まっています。今回は決定樹モデルについて紹介します。
MRの適正数を推計する
MRの適正数を推計する

MRの適正数を推計する

2020/06/30
MR数の適正数は何人なのか――。このような質問を受けることが多い。最盛期で6万5000人程度いたMRはすでに6万人台を割り込んだ。
新型コロナウイルスの感染状況をシミュレーションする
再生産数、感度分析を徹底解説!

新型コロナウイルスの感染状況をシミュレーションする

2020/06/30
感染症分野では古くからSIRモデルを使った感染拡大予測や対策検討が行われてきました。今回は特別編としてこのSIRモデルを使って、新型コロナウイルス感染が拡大する仕組みや、今後の対応方法などを考えてみたいと思います。
ポストコロナ ベテランMRへの応援歌

ポストコロナ ベテランMRへの応援歌

2020/05/31
ミクス編集部の2020年MR数アンケート調査によると、MR数は1年で2300人超減少していることが分かった。実は非開示の企業もあるため、実際の減少数はさらに大きいのではなかと編集部は見ている。
モデルを制するものは日本版HTAを制す!
クレコンメディカルアセスメント 小林慎

モデルを制するものは日本版HTAを制す!

2020/05/31
日本版HTAでは臨床試験ではなくモデルを使って費用対効果を推計します。日本版HTAに対応するためには、モデルの本質を理解することが極めて重要です。今回は日本版HTAにおけるモデル分析の重要性を説明します。 
長期の在宅勤務で浮かび上がる新たな課題

長期の在宅勤務で浮かび上がる新たな課題

2020/04/30
ミクス編集部は新型コロナウイルス感染症めぐり政府が緊急事態宣言を発出したことを踏まえ、製薬企業各社に緊急アンケートを実施した。特集面で詳報するので、是非ご覧いただきたい。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー