【MixOnline】記事一覧2

制度/政策

【16年12月号】A病院とB病院が業務提携するらしいです

【16年12月号】A病院とB病院が業務提携するらしいです

2016/11/30
「所長!ライバル関係にあったA病院とB病院が近く業務提携するらしいです」-。ある日の営業会議で部下のMRがこう報告した。
【16年11月号】ヒトは目の前のデータに大きく影響する

【16年11月号】ヒトは目の前のデータに大きく影響する

2016/10/31
人工知能(AI)、IoT(Internet of Things)、ビッグデータなどを地域の医療政策や創薬研究、さらには各種営業・マーケティングなどのビジネスに利活用する時代が迫っている。
【16年10月号】病院の採用薬剤見直しは不可避に

【16年10月号】病院の採用薬剤見直しは不可避に

2016/09/30
病院の新薬採用に変化の兆し――。治療費の高額な革新的新薬が相次ぎ上市される一方で、病院側の医薬品購入金額も高騰しており、採用担当者の頭を悩ませている。国の推し進める後発医薬品の数量シェア80%目標を達成すべく、すでに先発品から後発医薬品への採用切り替えが進んでいる。
【16年9月号】製薬企業のビジネススキーム変革の時

【16年9月号】製薬企業のビジネススキーム変革の時

2016/08/31
高額薬剤問題や後発医薬品80%目標など、製薬企業のビジネススキームに様々な改革を強いる要因が蔓延しはじめた。本誌は9月号の巻頭特集、キーパーソンによる座談会、さらにはトップインタビューを通じ、今後5年から10年を見通して製薬企業が進むべきビジネススキームを検証した。
【16年8月号】007に学ぶ営業所長のカッコいい働き方

【16年8月号】007に学ぶ営業所長のカッコいい働き方

2016/07/31
昨年のミクス編集部の企画でMRの「カッコいい働き方」を特集した。この厳しい時代に何事だ!と怒られるかと思いきや、予想に反して読者から高い評価を頂いた。
最終回

最終回

2016/06/30
2016年4月の費用対効果評価の試行的導入は、我が国の薬剤経済学の歴史において大きなマイルストーンとなりました。2008年4月から8年4か月連載させていただいてきたこの「薬剤経済学の真髄」もそろそろその役目を終えるときがきたようです。
【16年7月号】IoT、AI、事業モデル転換への布石

【16年7月号】IoT、AI、事業モデル転換への布石

2016/06/30
ここにきて製薬企業や医薬品卸がこぞってIT企業と業務提携に動き出している。大塚製薬はIBMの人工知能Watsonのテクノロジーを活用し、精神科領域でのソリューション提供を目的とした合弁会社を設立した。
【16年6月号】コンサル型サービスプロバイダーへの転換

【16年6月号】コンサル型サービスプロバイダーへの転換

2016/05/31
製薬業界に限らず、ビジネスモデルの変革を訴える産業が増えている。電気、自動車、食品など様々だ。何故、いま変革が求められるのか?
エクセルを使ったモデル構築 (6)マルコフモデルによる費用対効果分析 

エクセルを使ったモデル構築 (6)マルコフモデルによる費用対効果分析 

2016/05/31
前回はマルコフモデルの基本をおさらいしました。今回はエクセルを使った、マルコフモデルによる費用対効果分析に挑戦してみましょう。
【16年5月号】地域包括ケアは「流通」がカギ

【16年5月号】地域包括ケアは「流通」がカギ

2016/04/30
製薬企業の経営トップがようやく地域包括ケアシステムを語り始めた。とは言え、まだ具体論に及ばず、地域医療連携推進法人への対応といった概念的なイメージが先行している。
グーグル

 

バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー