【MixOnline】記事一覧2

データ/ランキング

骨粗鬆症治療薬市場

骨粗鬆症治療薬市場

2011/08/30
骨粗鬆症の薬物療法では従来からビタミンD3誘導体製剤(VD)を中心に展開してきたが、1990年代後半に破骨細胞を阻害し、骨吸収を抑制するビスフォスフォネート(BIS)製剤が登場すると、骨密度増加がVDよりも高かったため、一気に薬物治療の主流を占めるようになった。
激変する経口血糖降下薬市場

激変する経口血糖降下薬市場

2011/07/28
2009年12月に約10年ぶりと言われる新規作用機序のDPP-4阻害経口糖尿病治療薬ジャヌビア/グラクティブ(一般名・シタグリプチン、MSD/小野薬品)が登場して既に約1年半が経過した。
東日本大震災による処方動向の変化

東日本大震災による処方動向の変化

2011/06/29
東北地方を中心に未曽有の被害をもたらした東日本大震災では、製薬企業の工場での被災報告も相次ぎ、一部の薬剤では生産中止による供給不安が指摘された。このため3月17日付で厚生労働省保険局医療課や日本薬剤師会が医薬品全般の長期処方自粛や分割調剤を求める事務連絡通知を出している。
アルツハイマー型認知症治療薬

アルツハイマー型認知症治療薬

2011/05/30
厚生労働省が発表している2008年患者調査によると、国内のアルツハイマー型認知症(AD)患者は24万人。1996年の同調査では2万人であり、患者数は過去10年強で実に12倍となっている。
ARBとカルシウム拮抗薬との配合剤市場

ARBとカルシウム拮抗薬との配合剤市場

2011/03/30
長らく国内の新薬処方は、薬価基準収載から1年間は原則1回につき14日分が限度という「長期処方制限ルール」が適用されてきた。
新規疼痛治療薬リリカ 驚異的な処方増示す

新規疼痛治療薬リリカ 驚異的な処方増示す

2011/02/27
「疼痛」は極めてありがちな主訴だが、原因、発生部位などは多岐にわたり、完全解決に至るのは難しい。いわば身近なアンメットメディカルニーズ領域である。
新型インフル流行時の処方状況

新型インフル流行時の処方状況

2011/01/30
毎年、冬になるとその動向が注目されるインフルエンザ。しかし、近年その動向に変化が生じ始めている。最大の原因は2009年4月、メキシコとアメリカから世界的な流行が始まり、09年1年間に全世界で死者1万4286人が発生した新型インフルエンザの登場である。
DPP-4阻害薬の使用状況分析

DPP-4阻害薬の使用状況分析

2010/12/28
DPP-4阻害薬が日本で上市されて1年が経過し、医療現場でも徐々にその位置づけを確立しつつある。
第6回 DPP-4阻害薬3成分の動向

第6回 DPP-4阻害薬3成分の動向

2010/11/29
経口2型糖尿病治療薬では、日本で約10年ぶりといわれる新規作用機序のDPP-4阻害薬・シタグリプチン(商品名・ジャヌビア/グラクティブ、MSD/小野薬品)が2009年12月に登場して1年が経過した。
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
記事評価ランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー