【MixOnline】パンくずリスト
【MixOnline】記事詳細

PPIで14年ぶりの新薬ネキシウム

公開日時 2012/04/26 00:00
新規8割切替2割切替前薬剤の4割がラベプラゾールかつて胃切除術が施行されてきた消化性潰瘍は、H2ブロッカーやプロトンポンプ阻害薬(PPI)といった胃酸分泌抑制薬の登場で一気に保存的治療が中核となった。しかも1980年代前半に原因菌のヘリコバクター・ピロリ(Hp)の存在が明らかになり、現在ではPPIと抗菌薬2剤による3剤併用除菌療法が確立され、完全治癒できる疾患となっている。医療情報総合研究所(JMIRI)の処方情報データベース(調剤レセプトベースで製品ごとに処方数がわかる)から消化性潰瘍治療の中心となる胃酸関連薬をみると、12年2月までの過去1年間の患者数は横這いを示し、患者数ベースの治療薬クラス別シェアのトップは防御因子増強薬、次いでPPI、H2ブロッカーという順だった(図1)。防御因子増...
プリントCSS用

 

【MixOnline】コンテンツ注意書き

ここから先はプレミア会員の方のみお読みいただけます。

新規の会員登録はこちら新規の会員登録はこちら

医師・歯科医師、学生はこちらから、ご登録ください。
会員登録がお済の方は、ログイン後に記事の続きをお読みいただけます。

トライアルお申込みはこちらトライアルお申込みはこちら
  • 料金プラン料金プラン
  • サービス詳細サービス詳細

プレミアコンテンツのご案内PREMIER CONTENTS

特集

ミクス編集部発の生産性向上につながるイチ押しコンテンツが満載!

経営・製品

製薬各社の営業体制やデジタル戦略などを紹介。経営陣のインタビューも。

制度・政策

ミクス編集部の視点で鋭く解説。半歩先の市場を照らします。

データ・ランキング

MR数や開発パイプラインなどのデータを豊富に取り揃え。

リサーチ

医師やMRのインサイトを浮き彫りに。病院の新薬採用状況も毎年調査します。

電子ブック

雑誌イメージそのままに、オンラインでもオフラインでも閲覧も可能!

共有機能

全てのコンテンツをチーム内でワンクリックで共有。チームの生産性向上に一役!

その他にもたくさんのコンテンツをご覧になれます。

【MixOnline】関連ファイル
関連ファイル

関連するファイルはありません。

ボタン追加
【MixOnline】キーワードバナー
【MixOnline】記事評価

読者レビュー(0)

プリント用ロゴ
バナー

広告

バナー(バーター枠)

広告

【MixOnline】アクセスランキングバナー
【MixOnline】ダウンロードランキングバナー
記事評価ランキングバナー